人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスシーンで即実践!究極の集中状態「ゾーン」に入る方法

2019.03.22

ゾーンはビジネスのどんなシーンで活きる?

ゾーンをビジネスの作業やプレゼン、商談などで活かすときには、いつ、どのようなシーンで活用でき、どのような効果が生まれるのか。泉さんは3つのシーンの効果を説明する。

●企画書作成、事務などの作業をするとき

「作業は、ゾーン状態のトリガーになる行動から始めるのをおすすめします。ワクワク感が必要なら、ワクワクする人と会話してから始める、ワクワクする企画から始めるなど。雑念を手放したいのであれば、机の上を片付ける、ゴミを捨てる、パソコンのデスクトップを整理するなどすると良いです」

●プレゼンなどの人前で話をするとき

「『どう見られているか』『どう評価されるのか』などの他人の目線という雑念と怖れが足かせになってゾーンに入れない場合が多いです。こういうときは、自分の土俵作りを意識します。自分を楽しんでいる姿を見せることで、自らのワクワク感を高めていきます。自分のプロフィール、経歴、やりたいことなど、そのストーリーを語り、今、目の前の人と一緒にここにいることの意味を伝えます。そうして自分も周りも安心感が高まることで、ゾーンに入りやすくなります」

●商談・会議など人と会話をするとき

「商談や会議が終わったときのワクワクするビジョンをイメージするのがポイント。着地点の成功イメージです。成功イメージだけが強いと、途中にうまくいかないと失望したり、焦ったりするので、そういった『陰』のできごとがあったときには『それはちょうどいい』という陽転をして切り替えます。例えば、否定的意見を言われたら、『その意見があることで新しいアイデアが生まれる』『リスクを想定できる』『その否定的意見の人を仲間にもできるチャンス』など、すぐに切り替えて陽転思考をします。すると、結果的に『そのお陰で、うまくいった』となります。そのどんな陰なことがあっても、うまくいくイメージを持ち続けることで、周りもそのワクワクゾーンに巻き込まれ始めます」

ゾーンへ入るスキルの磨き方

ゾーンの入り方を学んだところで、日々、ゾーンに入りやすくするための、日頃の訓練方法を知りたい。泉さんは次の3つを挙げる。

1.心の中を一人で観察する

「ゾーンに入るポイントは、先にも述べた通り、『メタ認知』を磨くこと。瞑想、紙に書き出すなどして、心の中を観察する時間を持つといいです」

2.陽転思考のスイッチを持つ

「陰なできごとが起きたときに『それはちょうどいい』『お陰様で…』など、すぐに陽転思考に切り替えるスイッチを持つことがポイントです」

3.ゾーン状態になることができる人からその極意を聞く

「ゾーンに入りやすい方法やきっかけは、人それぞれ異なる部分もあります。ゾーンに関するスポーツ選手の著作などを参考にしたりゾーン状態になることができる人から直接、その極意を聞いたりすると、わかりやすくなると思います」

何かの作業や人前での話、会議などのシーンがきたら、ゾーンを意識して実践してみよう。並々ならぬ集中力により、いつもよりも優れた成果を出すことができるはずだ。

【取材協力】
泉一也さん
アメリカに渡りビジネスコーチング理論を習得するが、日本文化に合わせよと師匠からのアドバイスを元に、東洋哲学、落語などを学び「場活」を生み出す。著書に「企業病に効く!ビジネスコーチング」(総合法令刊)など。
http://www.bakatsudo.co.jp
Blog:http://brand-farmers.jp/blog/category/izumi/

取材・文/石原亜香利

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。