人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスシーンで即実践!究極の集中状態「ゾーン」に入る方法

2019.03.22

もともとスポーツの分野で注目されていた「ゾーン」。昨今、商談やプレゼンなどのビジネスに活かす流れが起きている。そのビジネス分野での活かし方についてぜひ知っておこう。若手社員をゾーン状態にさせるビジネスコーチングのセミナーなどを行う泉一也さんに教えてもらった。

ゾーンとは何か

まずはゾーンの定義について確認しておこう。泉さんは次のように話す。

「ゾーンとは『究極の集中状態』のことです。難問に直面しても『解決できる』という確信があり、自分の持ちうる最大の力が発揮できる精神状態のこと。『ゾーンに入る』『ゾーンに入った』という表現を使います。

ゾーンに入ると斬新なアイデアが生まれたり、100%以上の能力が発揮されたりするなど、自分の想像の枠を超えた成果が得られます。野球でピッチャーが投げた打球が止まって見える、対戦相手の動きが先読みできるなど、スポーツにおける超感覚的な精神状態を表現するために使われ始めたものです」

ゾーンに入ったときの状態

ゾーンに入ると、人はどんな状態になるのだろうか? 泉さんによると、大きく3つに分けることができるという。

1.ワクワク感 ~エネルギー源にアクセスしている状態

「自分で自分を認めている『自己肯定感』が土台にあり、その土台の上に直感や心の声を聞いて自分を動機づけている状態です。さらに、他者と比較して自分を肯定するのではなく、自分ならではの長所も短所も含んだキャラに面白みや特異性を感じている状態。自分というキャラがどんなドラマを展開していくのかという、視聴者としてのワクワク感に近いです」

2.雑念がない ~エネルギーを分散させない

「余計なことに意識が奪われない状態。雑念があると本を読もうとしても頭に入らないですが、これはエネルギーが分散している状態なのです。雑念とは、潜在意識レベルで囚(とら)われている『気がかり』のこと。人は失敗を怖れるという動物的防衛反応から、そのときに思い悩んでも仕方ない『気がかり』をどんどんと上げていき、結論のない堂々めぐりに陥る。この雑念のループから抜け出るとゾーンに入ることができます」

3.開き直り ~陰極めれば陽となす

「動物的本能である『怖れ』を完全に手放した状態。陰陽論的に言うと、陰極めれば陽となす。つまり、プレッシャーという怖れから逃げずに、思いっきり向き合ってみると、なぜか力が湧いてきます。ジェットコースターを主体的に乗ると怖さも楽しくなるのと同じで、怖れがワクワク感に転化、陽転している状態になります」

ゾーンに入るための方法

究極に集中した状態というのは、ビジネスパーソンであれば誰もが欲しい状態。ゾーンに入るためにはどうすればいいのだろうか? その方法を泉さんに教えてもらった。

「ゾーンに入るには、自分の心の状態を客観的に観察する『メタ認知』の能力を上げること。まず、自分は何にワクワクし、何に雑念が生まれ、何を怖れているのかを知ることです。自分を振り返り、それぞれを書き出してみます。書き出しているうちに、ワクワク感につながる心の声が聞こえるようになり、雑念が生まれたときには『そんなこと考えても仕方ない』と手放せるようになります。また怖れに対しては、怖れに後手後手(ごてごて)にならず、先手を打って向き合うことで、陽転できるようになります。ゾーンの感覚がわかってきたら、そのトリガー(スイッチ)となるものを身につける、習慣化するなど日常のルーティーンにすることで、よりゾーンに入りやすい精神状態になります」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。