人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最大242kmもアシストし続けるモデルも!どこまでも走り続けたくなるeロードバイク最新モデル4選

2019.03.24

サイクルスポーツを楽しみたい人が乗るロードバイク。そんなバイクにアシスト機能を持たせる必要があるのだろうか? と疑問を持つ人は多いだろう。だが、自転車ライターの山下さんはアシストにより自転車の楽しみ方がより広がるという。その理由は?

Eロードバイク

【選びの新基準】

(1)ロングライドを実現する大容量バッテリー
(2)走りの状況を確認できるマルチなメーター
(3)パーツ交換によるカスタマイズ

 単なる移動手段ではなく、スポーツをするために乗るのがロードバイク。それにアシスト機能が搭載されることに関しては疑問を持っていたという山下さん。

「でも乗ってみたら考えが変わりました。特に初心者の人にとっては、軽く走れて速い、上りも楽という、ロードバイクの楽しいところだけが詰まった自転車でした。E-ROADで慣れてから普通のロードバイクに乗るという選択肢もあると思う。むしろ、そっちのほうが安全かも」

 さらにこのタイプの自転車は、一般的なロードバイクのパーツも使用できるので、カスタムやメンテナンスの知識を得ることもできる。高機能なサイクルコンピューターも装備し、詳細な走行データがわかるのでモチベーションも保てるのだ。

「また走りが軽いとバッテリーの消費も少ない。こまめに充電する必要がないので、通勤など普段使いに特にいいかもしれませんね」(山下さん)

行動範囲が広がるロードタイプ

最大242kmもアシストし続け、ロングツーリングも楽しめるモデル。トレンドのディスクブレーキを採用する一方で、ロードのよさをスポイルしないアシスト機能により、自然な走りが楽しめる。

ヤマハ『YPJ-ER』ヤマハ『YPJ-ER』34万5600円

フレーム:アルミニウム(ワイヤ内蔵タイプ) 充電時間:約3.5時間
航続距離:242km(プラスエコ)〜93km(ハイ) 重量:19.6〜19.8kg

【ドライブユニット】

「PWseries SE」高回転のペダリングに対応するオンロード系のユニット「PWseries SE」を搭載。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。