人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.15

【東京2020大会オリンピック】聖火リレー「復興の火」のスタート会場が決定

東京オリンピックとパラリンピックの開幕まで500日を切った。

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、東日本大震災被災3県(岩手県、宮城県、福島県)、復興庁、国際オリンピック委員会(IOC)等と協議の上、東京2020オリンピック聖火リレーにおける「復興の火」展示場所およびグランドスタート会場を決定した。

「復興の火」展示場所およびグランドスタート会場

ギリシャで採火された東京2020オリンピック聖火は、2020年3月20日(金)に宮城県にある航空自衛隊松島基地に到着。以下の日程で復興の火を展示し、グランドスタートを迎える。

2020年3月20日(金) 宮城県石巻市 「石巻南浜津波復興祈念公園」
2020年3月21日(土) 宮城県仙台市 「仙台駅東口エリア」
2020年3月22日(日) 岩手県 「三陸鉄道・SL銀河車内(宮古駅~釜石駅~花巻駅)」
2020年3月23日(月) 岩手県大船渡市 「キャッセン大船渡エリア」
2020年3月24日(火) 福島県福島市 「福島駅東口駅前広場」
2020年3月25日(水) 福島県いわき市 「アクアマリンパーク」
2020年3月26日(木) 福島県楢葉町・広野町「ナショナルトレーニングセンターJヴィレッジ」にてグランドスタート

「復興の火」展示場所概要

2020年3月20日(金) 宮城県石巻市「石巻南浜津波復興祈念公園」

石巻市南浜地区は東日本大震災の津波と火災の延焼により400名もの方々が犠牲になった場所であり、その跡地を追悼と復興のシンボルとなる公園として、2020年3月上旬に一部完成予定。

2020年3月21日(土) 宮城県仙台市「仙台駅東口エリア」

東日本大震災発生当時、構内が損壊したため県内の主要鉄道機関が利用不能になった。仙台駅東口エリアが位置する仙台市宮城野区は仙台市内で最も強い震度6強を記録したほか、隣接する同市若林区とともに海岸部は甚大な津波被害を受けた。

2020年3月22日(日) 岩手県「三陸鉄道・SL銀河車内(宮古駅~釜石駅~花巻駅)」

三陸鉄道の宮古駅~釜石駅間は東日本大震災により甚大な被害を受けたが、約8年の月日を経て復旧し、2019年3月23日(土)にJR東日本から三陸鉄道に移管される。JR東日本のSL銀河は、東日本大震災からの復興支援を目的の一つとして、2014年から釜石駅~花巻駅間を運行している。

2020年3月23日(月) 岩手県大船渡市「キャッセン大船渡エリア」

大船渡市は東日本大震災で震度6弱を観測し、津波によって市の中心市街地が被災した。津波復興拠点整備事業区域である当該エリアに、2017年、被災事業者等の再建商業施設「キャッセン大船渡」が開業、2018年には防災・観光・交流施設がオープンしている。

2020年3月24日(火) 福島県福島市「福島駅東口駅前広場」

福島県の玄関口であり、東日本大震災の対応拠点であった福島県庁や延べ11万人が避難したあづま総合体育館が所在する福島市の中心地。震災で大きな被害を受けた福島駅は、被災直後から各路線で運転を中止したが翌月には全線で運転を再開させ、首都圏と被災地をいち早くつなげた。

2020年3月25日(水) 福島県いわき市「アクアマリンパーク」

環境水族館「アクアマリンふくしま」や観光物産センター「いわき・ら・ら・ミュウ」などが集まるいわき市の観光・交流の拠点。「アクアマリンふくしま」は、東日本大震災による甚大な被害を受けたが2011年7月15日に再オープンを果たし、いわき市の復興のシンボルとなっている。

関連情報/https://tokyo2020.org/jp/games/torch/olympic/
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。