人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.16

死ぬまでに一度は行きたい花見スポットランキング、3位ワシントンDC、2位吉野千本桜、1位は?

満開のソメイヨシノを仰ぎ見ながら、気の合う仲間と酒を飲む……それだけで生きててよかったと思えるものだ。しかし、今年は平成最後の春。

近所の公園に咲いた桜も良いが、どうせだったらちょっと足を延ばして、名所とよばれるお花見スポットへ訪れてみたいという人も少なくないだろう。

そこで今回、「死ぬまでに一度は行きたいお花見スポットランキング」を含む、さまざまなお花見に関するアンケート調査の結果を発表していく。

調査1:お花見は毎年行くか?

「毎年必ず行く」(48.4%)と、約半数の人が回答していた。一方で、「直近5年以上行っていない」(19.7%)、「行ったことが無い」(3.6%)と、約4分の1の人が「お花見に行く習慣が無い」ことが明らかに。

調査2:お花見のために旅行をしたことがあるか?

「国内旅行に行った」(40.7%)、「国内・海外両方に行ったことがある」(4.7%)、「海外旅行に行った」(1.3%)と、約半数の人が「お花見のために旅行をしたことがある」と回答した。

調査3:今まで行った中で一番良かったお花見スポットはどこか?

「皇居千鳥ヶ淵(東京)」(39票)が1位となった。ソメイヨシノが花開く全長700mの遊歩道は、仕事帰りのビジネスマン・ビジネスウーマンに人気のお花見スポットだ。2位は弘前さくらまつりで有名な「弘前公園(青森)」(34票)。さくらまつり以外にも、菊と紅葉まつり、弘前城雪燈籠まつりなど、四季折々のイベントが行われる観光名所として知られている。

交通の便が良い東京のお花見スポットが、TOP10中に4スポットランクインする結果となった。

調査4:死ぬまでに一度は行きたい「お花見スポット」はどこか?

「弘前公園(青森)」が87票で1位、「吉野千本桜(奈良)」が73票で2位だった。3位には海外から唯一、「ワシントンDC(アメリカ)」(31票)がランクイン。

ワシントンDCでは、日本から友好関係を祝して約2,000本の桜が寄贈されたことを記念して、「全米桜祭り」が毎年開催されており、世界から約150万人の観光客が訪れるという。

「死ぬまでに一度は行きたいお花見スポット」へは、有名だが遠方で行くことが難しい、地方を中心とした桜の名所が、多くランクインする結果となった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。