人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.18

プロカメラマンが解説!DIME5月号の特別付録「超望遠8倍スマホレンズ」で桜を上手に撮るコツ

オンライン書店では完売店が続出!発売以来、話題沸騰のDIME5月号の付録、『超望遠8倍スマホ用レンズ』での撮影のコツを紹介今回は、植物の上手な撮り方を本誌でもおなじみのカメラマン・もりひろゆきさんに教わりました。

もうすぐ桜が開花予定。ぜひ試してみてください!気になった方は、お近くのコンビニ、書店でお買い求めください!

まずは撮影準備。

『超望遠8倍スマホ用レンズ』をスマホに装着する際は、スマホのカバーを外して、クリップから取り付けましょう。

「レンズを正しい位置に装着しないと、画面の四隅にクリップが映り込んでしまいます。クリップから取り付ければ、それを防げますよ」(もりさん)

では早速、桜を撮影。

「『超望遠8倍スマホ用レンズ』を装着して撮影すれば、遠くからでも被写体をきれいに大きく撮影できます」(もりさん)

まずは望遠レンズ無し。スマホのみで撮影。

さぁ、ここからどこまで寄れるのか…?

↓『超望遠8倍スマホ用レンズ』を装着して撮影したのがこちら。

花びらまでしっかり!

↓比較としてスマホでズームした場合も。

スマホの画面拡大でのズームは、どうしても画質が劣化してしまいます。

これだとちょっと残念ですよね…。

せっかくの桜は、『超望遠8倍スマホ用レンズ』でぜひきれいに!

最後に、撮影時のコツを聞きました。

「桜は、青空を映り込ませると薄いピンクとブルーのコントラストで、一層きれいに見えますよ。植物全般に言えることですが、被写体の背景にも花や緑を入れ込むと、背景がボケて被写体が引き立ちます」(もりさん)

下の写真も『超望遠8倍スマホ用レンズ』でもりさんが撮影したもの。

背景ボケを活かして被写体の赤を引き立たせています。

撮影は、雨の日や曇りの日はブレやすいので、よく晴れた日がおすすめ。

『超望遠8倍スマホ用レンズ』で、ワンランク上の1枚を狙ってみてください!

現在、オンライン書店では売り切れ店が続出!お近くのコンビニ、書店でお買い求めください。

撮影/もりひろゆき 文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。