人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.14

「夜に運動をしても睡眠には影響しない」豪チャールズ・スタート大学研究

夜に運動しても睡眠には影響しない?

午前中や昼間に運動できない人は、夜にジムで汗を流しても睡眠に悪影響はないようだ。

チャールズ・スタート大学(オーストラリア)のPenelope Larsen氏らが「Experimental Physiology」2月23日オンライン版に発表した研究によると、夜に30分間の高強度運動をしても睡眠に影響はなかったほか、空腹感が軽減する可能性も示されたという。

Larsen氏らは今回、11人の中年男性を対象に、朝(午前6~7時)、午後(午後2~4時)、夜(午後7~9時)のいずれかの時間帯に、30分間の自転車による高強度インターバルトレーニングを実施してもらい、その後の睡眠と空腹感や食欲を調整するホルモンに与える影響を調べた。

運動は、高強度運動を1分間行い、その後4分間休むというサイクルを6サイクル繰り返すというものだった。なお、参加者は研究が始まる前は座りがちな生活を送っていた。

その結果、睡眠時間は午後に運動した場合が最も長く、夜の運動が続き、朝の運動が最も短かったが、それぞれの差はわずかであることが分かった。

夜に運動しても寝付きが悪くなることはなく、運動した時間帯別の入眠までの時間の差は1~2分程度に過ぎなかった。

また、午後と夜の運動では「空腹ホルモン」として知られるグレリンの血中濃度が低下していた。

ただし、自覚的な空腹感の変化は認められなかった。この点について、Larsen氏は「より定期的に運動しないと、こうした変化に気づくレベルには至らないのかもしれない」との見方を示している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。