小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

オーディオブックの収録現場に密着!俳優 田中哲司さんが語る朗読の難しさ

2019.03.30

自分の朗読はあまり聞きたくない(笑)

ご自身の朗読には満足されてらっしゃいますか?田中さんが「ここをやり直したい」ということもあったのでしょうか?

田中:自分のは、あまり聞きたくないですね(笑)それを言い出したらきりがないので、録り直したいなと思っても言わないようにしていました。それは映像の作品でも同じで、後で見ると「もう一回ちょっと......」となってしまうんです。

なるほど。反対に、この仕事だから感じられた面白さもありそうですね。

田中:もう「ごく稀に」なんですけど、ちょっと乗ってくるときがあるんです。(笑)でも1日に80ページ読んだとして、その内の3ページくらいですよ。それで休憩して戻ってくると、またダメになってる。

その「ちょっと乗ったとき」がたまらなく楽しいです。なんかスラスラと読めてるぞ!でもそのあと、また地獄が待ってるんですけど。(笑)

かなりの集中力が必要ですよね。宮部みゆきさんの作品に携われるのは、2012 年のテレビドラマ『レベル7』以来2度目になるかと思いますが、田中さんから見る「宮部みゆき作品」もしくは『理由』の魅力はどこにありますか?

田中:今回の『理由』は毎回復習をするので2回は読んでますが、「なんて語彙が多いんだろう」って。語彙が多いというか、52歳の僕でさえ知らない言葉がいっぱい出てくるんですよ。職業上台本はいっぱい読んでいるはずなのに、知らない言い回しがあり驚きます。

それをその都度、調べていくのがすごく勉強になりました。こんな言葉遣い、今まで使ったこともないし、聞いたこともないという新しい発見に出会った感じです。

小説を書いてらっしゃる方は皆さんそうなんでしょうけど、なんか「とんでもないな」と思って。もちろん取材もしているはずですが、知識量が尋常じゃないというか。特に宮部さんは群を抜いているのではないでしょうか。すごく感動しました。

お酒を飲んで会話してても、きっとそういうのがでてくるんだろうなって考えましたね。僕が宮部さんと会話してたら、「はい?」って聞き返しちゃうかもしれない。(笑)

とにかく、宮部さんに対して改めて尊敬の念を抱きました。

https://www.audible.co.jp/pd/B07PHX8257

取材・文/久我裕紀
撮影/篠田麦也

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。