人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これは便利!お花見に持って行きたい〝割れない〟ワイングラス

2019.03.16

 そろそろ花見シーズンだ。花見には、酒が欠かせない。僕の学生時代、昭和50年代前半の花見酒は、ビールと日本酒一升瓶が定番だった。サントリー「オールド」が学生にはご馳走のウイスキー黄金時代でもあったが、今のようにコンビニで氷を手軽に調達とはいかず、ウイスキーを飲んだ記憶はない(「ホワイト」をラッパ飲みして、記憶が飛んでいるのかもしれないが)。今日なら、花見酒といえばビールにチューハイ、そしてワインだろうか。

 さてその花見、季節柄か、桜の木の下にシートを敷いて盛り上がっていると、風が吹いてきて、プラコップなり紙コップが吹き飛ばされることがままある。中が空っぽならまだいいが、少々酒が残っていたりすると、シートが、運が悪ければ着ているものが濡れてしまう。風が吹きだしたら、コップは手に持つしかない。そんな不便な思いを経験した方は、少なくないだろう。

プラコップの重さは、たったの7g。

美味しいワインはワイングラスで飲みたい

 話は変わるが、毎年梅雨時に神楽坂のさるイタリア料理店が、夢の島マリーナで“バーベキュー”を開催する。いや、“バーベキュー”という表現は正確ではない。火を使ったさまざまな素材のイタリア料理を、アウトドアで海を見ながら着席・大人数(50名前後)で楽しむ会だ(雨が降ることが多いが、ターフがあるので濡れない)。

 ここ数年毎回参加しているが、その大きな理由のひとつが、会費(8000円くらい)に比べてワインのクオリティーがとても高いところだ。この店のオーナーは大変なイタリアワイン通で、サーブされるこだわりワインは、僕たちがバーベキューで飲むようなワインとは、一線も二線も画する。乾杯のスパークリング、白2種類、赤2酒類の合計5種類だが、多めに用意してくれるので1人あたりグラス1杯ということはない。たぶん僕は、どれもおかわりしている。だからワインだけで8000円でも、高いとは思わない。食べきれないほど出てくる料理は、店からの無料サービスだ!?

 さて、ここからが本題。美味しいワインは、ワイングラスで飲みたい。かといってガラス製では、アウトドアゆえに割ってしまうリスクがある。この会ではプラコップを用意してくれるが、毎度毎度もったいない飲み方をしていると思ってしまう。ところが一昨年、参加者の女性2人組がワイングラスの形をした“コップ”を持ってきた。

 ワイングラスはボウル(本体)、ステム(脚)、プレート(台)から成り立つが、そのボウルの部分だけの“コップ”だ。聞くとその素材はガラスではなくトライタンという合成樹脂なので、落としても割れないし、相応の重さもあるので空っぽでも風に飛ばされることはないという。

重さ67gあれば、よほどの強風でない限り倒れない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。