人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大光量+充電機能で衝撃を与えたLUMENAシリーズ、どれを選ぶ?

2019.03.17

ずーっと明るいLUMENAプラス、持ち歩きやすいLUMENA

一方、新しく登場するLUMENAプラスは防水・耐衝撃性能を持たせておらず、日本に最初に上陸したLUMENAの大型モデルの位置づけだ。

ハンガー形状はLUMENA(写真下)によく似ており、無段階で角度を固定できるスタンド兼用。内蔵バッテリーが強化されており、厚みはLUMENAと同じで長さは約1.5倍、重量は2倍。LUMENA2よりもやや大きくなっている。

LUMENAプラスとLUMENAは防水仕様ではないが、USBポートに防滴キャップを装備することで不安を和らげている。キャンプではタープの下やクルマ、テントの中での使用が圧倒的なので、これもアリ。

LUMENAプラスはQC2.0搭載で9V-1.7Aの高速充電が可能で、LUMENAの倍の容量のバッテリーでも充電時間は8時間に抑えられている。ほかのモデル同様、充電しながらランタンとして使える仕様なのもありがたい。

また、スマートコンバータICチップが内蔵されたコントローラボードを搭載している。バッテリー式ランタンも、ガスやガソリンタイプ同様、長時間連続して使っているとどうしても明るさが落ちてしまう。LUMENAプラスではスマートコンバータICチップの働きで、従来モデルよりも明るさを維持できるとのこと。

バッテリー容量5,000mAhでスマホを1回、容量10,000mAhなら約2回充電できると言われている。ランタンとしても使うので、1泊ならLUMENAとLUMENA2で事足りるが、LUMENAプラスなら2〜 3泊でも頼りになりそうだ(写真はLUMENA2)。ちなみにLUMENAシリーズの出力は2.1Aと2.4A(LUMENA2)でスピーディーにスマホに充電できる。

LUMENAシリーズは、いずれも吊り下げておけば1〜3人向きの小さなタープであればカバーする光量を持っている。床に置いて天井を照らすとまぶしすぎるが、半透明の袋を被せれば低い場所に置いても光がやわらかく拡散。

バッテリー容量のみで考えるとLUMENAプラスの圧勝だが、問題は気になるのはその重量だ。キャンプだけでなくモバイルバッテリーがわりに日常的に持ち歩きたい人はLUMENAのほうが小さめのバッグにもいれやすい。

気軽に持ち歩きたいならLUMENA、ファミリーでのキャンプなど広範囲に照らしたいならLUMENAを複数使い。タフな場所で使うならLUMENA2。タブレットユーザーやアクションカメラのヘビーユーザーならお守りがわりにLUMENAプラスといったところか。

取材・文/大森弘恵

※クラウドファンディングには立案会社の問題でプロジェクトが頓挫する可能性や 支援金が戻らなくなるリスクも稀にあります。 出資に当たっては、お客様ご自身でご判断いただきますようお願い致します。(編集部)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。