人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.16

16万円台で買えるフルサイズミラーレス一眼も登場!CP+2019で見つけた注目のカメラ6選

OM-D E-M1X(オリンパス)

 フルサイズ市場に参入したパナソニックに対し、マイクロフォーサーズを追求することを表明したオリンパス。その意思の現れとして登場した新たなフラッグシップ機。何かと尖った性能が目立つカメラですが、まず手ブレ補正の効きが異常です。手ブレ補正は「シャッタースピード○段分」などと表現されますが、対応するオリンパスのレンズを使用した場合、E-M1Xは最大で7.5段分の補正が効きます。大体のカメラがせいぜい5段分前後ということを考えると、この数字は驚異的です。この手ブレ補正を生かし、いままで三脚がなければ撮れなかったようなスローシャッター撮影が、手持ちで撮れてしまいます。

 続いて防塵防滴性能。これはぜひ公式ホームページの動画をチェックしてください。

 動画の0:30あたりから豪快にシャワーを浴びています。よほどの豪雨でもあんな状況にはならないと思いますので、雨で故障する心配はなさそうです。

 そして連写性能。AF/AE追従で最高18コマ/秒、AF/AE固定なら最高60コマ/秒です。撮りたいタイミングにシャッターボタンさえ押しておけば、取り逃すことはありません。

 他にも内部に電子NDフィルターを搭載するなど、とにかく機能満載です。コンパクトが売りのマイクロフォーサーズとは思えないサイズ感ですが、そのおかげでバッテリーの保ちが良く、縦位置でもしっかりグリップして撮影できます。しかもマイクロフォーサーズシステムはレンズが比較的コンパクトなので、実際に使用するシチュエーションでは、思ったより重くは感じないでしょう。

撮像素子:マイクロフォーサーズ
有効画素数:約2037万画素
本体内手ブレ補正:あり
質量:約849g(本体のみ)

GRIII(リコー)

 究極のスナップシューターとして多くのファンに愛されるコンデジ。ポケットに入るコンパクトさながら、ミラーレス一眼クラスのAPS-Cセンサーを搭載しており、コンデジとは思えないクオリティの画質を実現しています。

 過去のGRには手ブレしやすい、暗所のノイズが多いなどの声もありましたが、GRIIIは手ぶれ補正搭載、新開発センサー&画像処理エンジンによりそれらの問題に対処してきました。それでいてサイズはGRIIよりもわずかながらコンパクト化しているのが驚きです。

 いくらミラーレス一眼がコンパクトとはいえ、さすがにポケットにしまうには大きすぎます。ですが、GRならそれが可能です。毎日持ち歩ける高画質カメラ。それがGRの魅力です。筆者はAPS-Cセンサーを搭載した初代のGRを所有していますが、GRでなければ撮れない写真がある、というのは本当です。このサイズ、このセンサーだから撮れる写真を楽しみましょう。

撮像素子:APS-C
有効画素数:約2424万画素
本体内手ブレ補正:あり
質量:約227g(本体のみ)

○本格的なミラーレス一眼時代の到来

 会場に展示されたカメラはほぼミラーレス一眼であり、一眼レフは影を潜めました。もう完全に時代はミラーレスに動いたようです。これから、どんどん新しいミラーレス一眼が登場してくるはずなので、常に最新情報をチェックして自分に合ったカメラを見つけたいですね。

 以上、年に一度のカメラのお祭り「CP+」からのお届けでした。

取材・文/太田史郎

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。