人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.16

16万円台で買えるフルサイズミラーレス一眼も登場!CP+2019で見つけた注目のカメラ6選

DC-S1R/DC-S1(パナソニック)

※写真はDC-S1

 マイクロフォーサーズというコンパクトなシステムを10年以上追求してきたパナソニックが、時代のニーズに対応してフルサイズミラーレス一眼を発表。有効画素約4730万画素の高画質追求モデルS1Rと、動画と高感度に強い有効画素約2420万画素のS1の2タイプが同時に登場しました。フルサイズミラーレス一眼市場で先行しているソニーのα7シリーズ、ニコンのZシリーズのラインナップに真っ向から勝負するかたちとなります。

 他のミラーレス一眼との大きな違いは、なんと言ってもその重く、大きなボディです。どちらのタイプも本体のみで質量は900g近くあり、バッテリー等を含めると1kgを超えます。ただ、大きいというのは必ずしもネガティブな特徴というわけではありません。コンパクトにおさめるために妥協せざる得ないことが現れるのはカメラ開発の常ですが、その妥協をすることなく、とことん性能を追求したという現れである可能性もあります。実際に使用したユーザーの声が集まるまで真実は分かりませんが、おそらく撮影現場での信頼度が高く、プロフェッショナルのシビアな仕事にも応える逸品に仕上がっているのでしょう。

 生ける伝説とも言えるドイツのカメラブランド『ライカ』、優れたレンズを次々と生み出すレンズメーカー『シグマ』との協業で作られており、ライカのLマウントを採用。早くもシグマからLマウントのレンズが多数発表されており、今後のレンズラインアップにも注目です。

[DC-S1R]
撮像素子:フルサイズ
有効画素数:約4730万画素
本体内手ブレ補正:あり
質量:約898g(本体のみ)

[DC-S1]
撮像素子:フルサイズ
有効画素数:約2420万画素
本体内手ブレ補正:あり
質量:約899g(本体のみ)

X-T30(富士フイルム)

 先に発売されているフラッグシップ機のX-T3をサイズ、スペックともにコンパクトにした弟分のようなモデル。キヤノンのRとRPのような関係です。シャッタースピードの上限、ストロボの同調速度などがX-T3に比べてややスペックダウンしているものの、ほとんどの場面において、特にビギナーにとっては大きなマイナスにはならないはずです。それよりも、富士フイルムのカメラで定評のあるフィルムシミュレーションや、深みのある色を再現するカラークロームエフェクトなどがフラッグシップ機と変わらず楽しめるメリットの方が大きいでしょう。

 ただし、X-T3は4K60P撮影やカメラ内10bit収録という動画性能の高さが取りざたされたカメラですが、X-T30は4K30Pのカメラ内8bit収録と一般的なスペックとなっています。とは言え、凝った動画編集をおこなうハイアマチュアやプロフェッショナルでなければ、問題にはならないポイントでもあります。富士フイルムが誇る美しいフィルムシミュレーションを活用した映像は下手にいじる必要もなく、編集耐性の低い8bitで充分でしょう。

撮像素子:APS-C
有効画素数:約2610万画素
本体内手ブレ補正:なし
質量:約333g(本体のみ)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。