人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

偏平率、リム径、ロードインデックス、意外と知らないタイヤ用語を解説!買い換えにおすすめのバイクタイヤ7選

2019.03.13

まずは、バイクに合ったタイヤを探すためにも表記の見方をご紹介します。

タイヤ総幅または断面幅:タイヤの幅または厚さのことです。

偏平率:タイヤの断面高さと断面幅の関係性のことです。偏平率が低いほど断面高さは低くなり、コーナリング性能が良くなりますが、乗り心地が悪くなります。

構造:タイヤの内部構造を示しています。ラジアル構造かバイアス構造(D)かベルト付き(B)などです。


リム径:ホイール直径のことです。インチ表記されています。

ロードインデックス(荷重指数/LI):タイヤに十分空気が入った状態で支えることができる重量を示しています。



左から190(タイヤ総幅)/55(偏平率)ZR(構造)17(リム径)M/C(モーターサイクル表示)(75(荷重指数)W(速度記号))となっています。

人気のバイクタイヤを構造別比較2019

バイクのタイヤは構造上、多くの種類がありますが、ここでは「ラジアル」と「バイアス」タイヤを比較します。

・アメリカンやネイキッド、スクーターなどに多い「バイアスタイヤ」。溝が多いので衝撃を吸収する柔軟性が高く、安定した走行が可能なタイヤです。耐久面が低いので消耗しやすく、深いバンクをするにはグリップ力が足りない場合があります。

・スポーツ系のバイクに使われることが多い「ラジアルタイヤ」。走行時の設置面積が少ないため消耗しにくく、グリップ力が良く操縦が安定します。価格が比較的高価なモノが多いタイヤです。

公道が走れるオフロードタイヤ

4種類あるオフロードタイヤ(公道を走行できない)の中で唯一公道を走行することができるのが「トレールタイヤ」です。オンロードとオフロードどちらも走行することができるように作られているので、タイヤの寿命が長くバランスの良いタイヤです。

バイクタイヤのおすすめメーカー

数多いメーカーから種類別にタイヤが販売されていて、選ぶのが大変……という方はサイズや車種、シーンを選択して自分に合ったバイクタイヤを探しましょう。

・低燃費タイヤ・ロングライフの「DUNLOP」
https://tyre.dunlop.co.jp

・世界最大手の「BRIDGESTONE」
https://www.bridgestone.co.jp

・フランスが誇る「MICHELIN」
https://www.michelin.co.jp

・スポーツカー御用達の「PIRELLI」
https://www.pirelli.com/tyres/ja-jp/car/homepage

走行時の疲労を軽減するタイヤおすすめ2019

ダンロップ SPORTMAX ROADSMART Ⅲ

センター部に新耐摩耗コンパウンドを採用することでタイヤ寿命を延ばし、3分割マルチプルトレッド構造により、ショルダー部にはコーナリンググリップ性能が高いコンパウンドが配置されています。タイヤのサイドに最適なたわみを持たすことで衝撃吸収性を高くし、疲れにくい乗り心地になるよう開発されています。

ダンロップが疲労科学研究所と国立大学法人横浜国立大学工学研究員の小泉純一教授とともに走行時の疲労やストレス度を試験した結果、すべての年代において疲労度・ストレスの数値が低いことが確認されています。長時間の走行などの時に、疲れにくいタイヤはライダーにとって、とても実用性があると思います。

大型バイクに対応したタイヤのおすすめ2019

ダンロップ GT601(Vレンジ)

最新技術を投入したシリカ配合で、様々な場面でもグリップ力が安定しているバイアスタイヤです。バンク角でも接地感が強く、リアタイヤはグルーブを深くすることで耐摩擦性能を向上させています。

ブリジストン BATTLAC SCOOTER SC2 Rain

大型スクーター用のタイヤで、溝の割合を多くすることで、排水性を上げてウェット時のハンドリング性能を向上させています。スリー・レイヤー・コンパウンドを採用することでドライ時の旋回グリップを良くし、コーナリング性能が高くなっています。

ツーリングタイヤのおすすめ2019

ピレリ AngelGTⅡ

安定した接地面積を確保することにより安定感のあるハンドリングが可能になり、2本の縦溝を入れることでグリップ性能、排水性を確保しています。接地面を均一にすることで耐摩耗性が高く、長距離ツーリングに適するように作られています。

ブリヂストン BATTLAX SPORT TOURING T31


ウェット性能を向上させ、濡れた路面でも高いグリップ力を発揮します。接地面のすべり域を減少させることでハンドリング性能も高く、どんな路面状況でも安定して走行できるラジアルタイヤです。

オン/オフ両立ロードバイクタイヤのおすすめ2019

ミシュラン ANAKEE ADVENTURE


2019年春に発売予定のトレールタイヤ。オンロードとオフロードのどちらでも高い性能を発揮できるように、新開発のシリカコンパウンドを使用してグリップ力、ハンドリング性能を高めています。

ピレリ SCORPION TRAILⅡ

バイコンパウンド製法(2種の異なるコンパウンドを使用)を採用しているため、順応力が高くタイヤの寿命も長くなっています。オンロードやオフロードどちらも快適に走行できるウェット・グリップ性能があります。

タイヤの寿命は様々な要因で異なりますが、ミシュラン公式サイトでは製造日から約10年経つと、外見上は使用可能でも万一に備えて新しいタイヤに交換することをお勧めしています。スペアタイヤも同じです。空気圧やトレッド摩耗、アライメントなど適切なお手入れをすることでタイヤの寿命を長く保ちましょう。

文/Sora

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。