人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

職人のキャンディづくりが間近で見られる、バルセロナ発のアートキャンディショップ「パパブブレ」が東京・青山に登場

2019.03.15

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

旗艦店では原点のキャンディをメインに展開

 2003年に “世界一おもしろいお菓子屋さん”をコンセプトとしてバルセロナでオープンした「パパブブレ」。2005年に日本に初上陸して、国内では首都圏を中心に新規店舗の青山と京都を含めて14店舗を展開している

 キャンディからスタートした同ブランドだが、今ではマシュマロ、キャラメル、チョコレートとバリエーションも増えた。旗艦店となる青山では原点のキャンディにフォーカスして商品を開発。バルセロナの路地裏を意識した内装で、青山通りを歩いているときに“パパブブレ通り”という路地を見つけて、その奥で職人が楽しそうに飴を作っている、というストリーを基に作られており、照明も街灯、棚は窓をイメージしている。

 創業時のビジョンを忠実に再現しようと、内装だけではなく、店内に入った時に感じる甘い飴の匂い、職人や店舗スタッフとのコミュニケーションなど、味わいだけではなく五感をフルに使ってお菓子を楽しむというような、ワクワクを感じられる店舗となっている。

 市販用として世界で一番大きい1.5m、75kgの巨大ロリポップキャンディを3時間かけて職人が制作したが、残念ながらお披露目会のときは折れてしまい失敗。1個のキャンディを約1gと換算すると単純計算で7万5000個分となる驚きの大きさだが、今後も継続的にチャレンジしていくという。

 大きなロリポップだけでなく、青山店先行発売の新製品「ロリポップキャンディ」(1本380円・価格はすべて税込以下同)にも注目。個性的なフォルムのキャンディで、スティックにもボーダーやストライプ、水玉などデザインを施しており、お菓子として楽しむだけでなく、手にしたときも口に入れたときもおしゃれで楽しい商品。

 店舗限定商品は「青山限定キャンディミックス」(袋入り40g・580円/ジャー入り・Sサイズ800円、Mサイズ2300円)。「AOYAMA」「246」「PAPABUBBLE」の文字が入った、コーラ、チェリー、パイン、リンゴ、ラズベリー、ぶどうなどのキャンディミックス。「246」とは、店舗が面している青山通り(国道246号)にちなんだもの。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。