人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2019年のグルメトレンド「ポータグルメ」の注目店10選

2019.03.17

2019年のグルメのトレンドワードとして注目されている「ポータグルメ」。その背景と共に、2019年、期待のポータグルメの店を10店紹介する。テイクアウト商品は、消費税増税に際して据え置きになることもあり、利用側としてはぜひ押さえておきたい。

2019年に「ポータグルメ」が注目される背景

まずは2019年のグルメトレンドの中で、「ポータグルメ」が注目されている。ポータグルメとは、「ポータブル(持ち運びできる)」+「グルメ(美味しい)」という意味だ。背景を、ホットペッパーグルメ外食総研 上席研究員 稲垣昌宏さんに聞いた。

●「時間効率」を求める時代に

「『働き方改革』によって労働生産性の向上が求められたり、『ライフスタイルの多様化』によって個人の役割増加による多忙化が起きたりと、社会が変化するにつれて、個人も世の中も『時間効率を上げること』が求められています。つまりコストパフォーマンス重視からタイムパフォーマンス(時間当たりの成果)を重視する時代になってきていると言えます。つまり、ポータグルメ、すなわち持ち運びできるグルメがより適した状況になってきていると言えるのです」

●中食の発展

「食の世界では、惣菜などの持ち帰って食べる食事『中食(なかしょく)』の選択肢が非常に増えており、居酒屋で食べるような枝豆や冷奴がコンビニエンスストアで買えるようになったり、スーパーマーケットでも調理済みの惣菜売り場の面積がどんどん広がっていたりしています。これまでは、食事にかかる時間を短縮しようと思ったら、コンビニやスーパーで調理済みの商品を買ってきて、会社の机や自宅で手早く食べてしまう、というのが常套手段でした」

●外食店のテイクアウト・デリバリーへの参入

「外食店は、美味しい料理と豊富なメニューが売りですが、中食との競争を背景に、すでにテイクアウトやデリバリーへの参入が始まっています。従来のようにお客さんが来るのを店で待っているだけではなく、持ち帰り用のメニューを開発したり、デリバリーを請け負う会社との提携などによって本格的な料理をデリバリーしたりするようになってきました。オフィス街にキッチンカーなどを出してランチタイムの売上を確保しようとする外食店もあります」

●テイクアウトやデリバリーには軽減税率が適用

「特に2019年10月の消費税増税に伴う軽減税率の適用で、テイクアウトやデリバリーは8%に据え置きになります。こうしたことからも、外食各社がテイクアウトやデリバリーに参入する動きは、ますます活発になっていくと考えられます。外食店の参入によって、時間もかからない上に美味しい、という『ポータグルメ』の市場が活性化し、消費者はタイムパフォーマンスの高い食事を楽しめるようになるでしょう」

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。