人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

5G、dポイント、キャッシュレス、ドコモ幹部が語ったコンシューマー戦略と自信

2019.03.12

 2月25日~28日(現地時間)にスペイン・バルセロナで開催された「MWC19 Barcelona」。この展示会を訪れていたドコモ 取締役常務執行役員 スマートライフビジネス本部長 森 健一氏にインタビューする機会を得たので、5Gによって変わる未来、今後のユーザーサービスについて話を聞いた。

ドコモ 取締役常務執行役員 スマートライフビジネス本部長 森 健一氏。

5Gのスタートを前にドコモがやるべきこととは?

----- MWC19のドコモブースでは、5Gのユースケースを多く展示されていました。ドコモでは今年から5Gのプレサービスが始まりますが、5Gにどのようなことを期待されていますか?

森氏 5Gは高速大容量で、光ファイバーを使った時と同じくらいのスピードが出るのが大きな魅力です。コンテンツは5G対応端末の台数が広がってからの話になるので、まだ時間がかかるかもしれませんが、今回、マイクロソフト社のHoloLens(ホロレンズ)など、新しい技術が出てきているので、そういうものと組み合わせることで、仮想的にも立体的にも見えるようなものが自然と出てくると思います。5Gと組み合わせて使えるデバイスがそれぞれ進化すると、我々が思いも寄らなかった活用方法ができるのではないか。そういう世界が目の前まで来ているんだと思います。

-----5G社会では、コンテンツに無限の可能性があります。スマホではないデバイスでのコンテンツ配信もあり得ますか?

森氏 出てくると思いますね。ただパソコンが何年たっても変わらないのと同じで、スレート型のスマホはそう簡単にはなくならないと思います。これをベースにネットワーク上のエッジコンピューティングの世界と連携して、大容量のネットワークでストリーミングがすぐにできる世界。そういうものがたくさん出てきそうだと思っています。今回の「MWC19」でもセットボックスなしでゲームができる技術が発表されていました。どのようなコンテンツを提供するかで、キャリアとしてのチャンスが広がっていることを感じます。畳むと通常のスマホのスタイルで、広げるとタブレットサイズになるという新しいフォルダブルの端末もいくつか発表されましたが、今は価格的にまだ高い。だからその価格がこなれるまでは、みんなが5Gを使いましょうという風にはならないと思います。でも大事なのは、その間もドコモが中心になって5Gの活動を取りまとめていくこと。パートナーも一緒になって考えていこうという場を作る活動は必要だと思います。

-----ドコモでは5Gの特性を生かして、パートナーのビジネスチャンスを広げる「産業創出宣言」をされています。5Gの活動を取りまとめるというのは、パートナーとの〝協創〟という考え方ですね。

森氏 そうです。コンテンツサービスだけでなく、プラットフォーマーとしての役割もあります。今、多岐に渡る業種の方がパートナープログラムに入ってくれている状況で、私たちが思う以上に、5Gに対する期待感が強まっています。スマホがプラットフォームとなり、この端末ひとつで何でも完結できることが、改めてビジネスチャンスになる業界も出てくると思います。そういうパートナーにしっかり我々のアセットを活用してもらって、商流拡大に役立ててもらうような活動にも力を入れる必要があると思っています。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。