人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.10

Google+のサービスがまもなく終了!3月中に済ませておきたいデータのダウンロードと保存の手順

2011年6月にサービスを開始した、Google+(グーグルプラス)。当時「Googleの新サービス」として注目を集めたSNSだが、2019年4月2日にサービス終了することが決まった。

利用者は減少傾向にあったようだが、利用経験のある方は終了前に確認しておきたい事項がある。

本記事では、Google+がサービス終了に至った理由とサービス終了までに行っておきたい「コンテンツのダウンロードと保存」の手順について解説する。数分で完了するので、現在利用中の方はもちろん、かつて利用していた方も念のためこの作業を行っておこう。

なぜGoogle+はサービスを終了するのか

およそ8年間、Google+は他のSNSに対抗すべく「サークル」「コレクション」「コミュニティ」など独自の機能を充実させ、サービスの提供を行ってきた。

しかし、2018年12月にサービスの終了が発表されその後、時期が当初の2019年8月から4月2日に早まった。2019年2 月 4 日以降は、Google+ のプロフィール・ページ・コミュニティ・イベントの新規作成はできなくなっている。

Google+は、サービス開始当初の2011年12月にはAKB48・SKE48・NMB48・HKT48のメンバーが、Google+を利用したファンとの交流サービス「AKB48 on Google+」を開始するなど、日本でも盛り上がりを見せていた。それ以外にも、きゃりーぱみゅぱみゅや小室哲哉などの有名人・著名人がアカウントを開設していたのも印象深い。

サービス終了の最大の原因と考えられているのは、情報流出問題だ。米グーグル社は、「サークル機能のバグにより利用者の個人情報が漏洩し得る問題」が存在したことを認め、サービスの終了を発表。

それに加え、サービス終了のお知らせページには、「利用者の減少」「ユーザーの期待に沿うサービスの維持が難しい」という理由が挙げられている。

Google+に期待を寄せていたユーザーにとっては残念なニュースとなったが、今後何かしらのかたちでGoogleはSNSサービスを開始するのではないか、と筆者は(個人的に)予測している。

大切なコンテンツを失わないために必要な手順

4月2日のサービスが終了前(3 月末まで)に、済ませておかなければならない作業がある。それは、Google+内のコンテンツダウンロードと保存だ。

サービス終了後には、コンテンツはすべて削除されてしまう。そのため、現在の利用中の方はもちろん、かつての利用者も一度Google+にログインして、失いたくないデータがないか確認しておくのが良いだろう。

なお、「Googleフォト」にバックアップしているものは削除の対象とはならない。また、Google+終了後もGoogleアカウント自体は継続し、Gmailなどのサービスは引き続き利用することができる。

では、実際にコンテンツのダウンロードと保存を行う手順を見ていこう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。