人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.10

齢をとるほど鼻が大きくなるというのは本当か?

 体力の衰えや老眼の進行など“寄る年波には勝てぬ”を実感する読者もおられることだろう。しかし加齢は悪いことばかりではないことが最新の研究で報告されている。我々は齢を取るほどにポジティブになれるというのだ。

加齢によってポジティブになれる?

 加齢に伴うネガティブな影響はできる限り被りたくないものだが、齢を重ねることで好ましい変化も訪れるというから興味深い。齢を取るほどにソーシャルな交流において、幸せな気分になりやすいというのである。

 米・マクリーン病院やハーバード大学医学大学院をはじめとする合同研究チームが2019年2月に「Journal of Experimental Psychology: General」で発表した研究では、1万人もの人々の感情感受性(emotion sensitivity)を調査して、表情から感情を読み取る感情感受性の年齢の違いによる特徴を探っている。

 10歳から85歳の男女9546人が参加したオンライン調査では、怒り、恐怖、幸福をさまざまな程度で表現している人物の表情を見せて、表情から敏感に感情を察する感情感受性を計測した。

Eurasia Review」より

 収集したデータを分析したところ、女性は怒りと恐れの表情を男性よりも敏感に察していることが明らかになった。一方で幸福についてはあまり大きな男女差は見られなかった。

 年齢による特徴としては、思春期と若年成人は性別に関わりなく最も感情感受性が高くなることも判明した。特に怒りの表情にはきわめて敏感であったのだ。これは思春期の発達において、他者の怒りを敏感に察することが重要であるからだと説明できるという。

 では加齢による影響はどうなっているのか。中高年以降の感情感受性の特徴としては、怒りと恐れに対する感受性が顕著に低くなっていることが突き止められた。その一方で幸福の感受性はそれほど低くなっていなかったのである。

 他者の怒りや恐れの表情にはある意味で“鈍感”になり、逆に幸せな表情にはよく気づくことができるということは、ソーシャルな交流において前向きになりやすいということにもなる。意外にも加齢によってポジティブになれる要素があることは中高年にとっての希望になるかもしれない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。