人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大きな商談の前にGO!ビジネスパーソンにおすすめの都心のパワースポット5選

2019.03.10

大事なプレゼンなど取引前には神にもすがりたいもの。そこで、ビジネスに効く都内で好アクセスのパワースポット5つをご紹介します。あなたも大事な取引の前に祈願してみては?

銀座出世地蔵尊

略歴

祀られたのは、明治6年以降、明治35年以前と考えられる。関東大震災や戦争による空襲で銀座も焼失したが、それでも終戦の翌年には180軒余りの店が再開し、銀座復興を行った。そんな銀座の復興に銀座出世地蔵尊への信仰心が一役買ったと言われている。戦後、出世地蔵尊はしばらく4丁目の道端に置かれていたが、昭和43年10月に銀座三越の全面改装に合わせ屋上に置かれ、築地本願寺により開眼法要を行った。長い間、道端に置かれていた地蔵が「路上から大きな百貨店の屋上に上り詰めた」ことで、いつしか人々が出世地蔵尊と命名したという。

ご利益

開運・出世・延命・商売繁盛

お守り・お札

「根付」

アクセス
中央区銀座4-6-16 銀座三越8F
東京メトロ銀座線・日比谷線・丸の内線「銀座駅」より徒歩1分
JR「有楽町駅」より徒歩5分
TEL 03-3535-1899

神田明神

略歴

正式名称は神田神社で、「明神さま」と呼ばれ親しまれてきた。1300年近く江戸東京に鎮座している。江戸時代には、「江戸総鎮守」として将軍様から江戸庶民まで江戸のすべてを守護してきた。そして今もなお、東京―神田、日本橋、秋葉原、大手町・丸の内など108の町々の総氏神様として、この東京都心を守っている。ご祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)、平将門命(たいらのまさかどのみこと)。少彦名命(すくなひこなのみこと)は日本に最初に生まれた神様の一人である高皇産霊神(たかみむすひのかみ)の子どもで、大海の彼方にあるといわれる常世の国より来て、手のひらに乗るほどの小さな姿ながら知恵に優れ、だいこく様とともに日本の国づくりをした。

ご利益

少彦名命(すくなひこなのみこと)は、別名えびす様と呼ばれ、商売繁昌、医薬健康、開運招福のご利益がある。

お守り・お札

「勝守(かちまもり)」

徳川家康公が関が原の合戦に神田明神の勝守を授かって勝利を得たことに由来する。縁起の守りとされ、取引、勝負、入試などに御神徳がある。

「仕事のおまもり」

IT情報安全守護など3点のお守り。黒色、赤色、茶色の3種類。

「商売繁昌御神札」

だいこく様、えびす様の御神徳で御商売繁昌、社運の隆昌を祈願するおふだ。

アクセス
東京都千代田区外神田2-16-2
TEL03-3254-0753
JR・東京メトロ丸の内線「御茶ノ水駅」より徒歩5分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」より徒歩5分
JR・東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」より徒歩7分
東京メトロ銀座線「末広町駅」より徒歩5分

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。