人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.09

【開発秘話】累計26万冊以上売れているキングジムの「コンパック」

■連載/ヒット商品開発秘話

 カバンを有効に使うには、書類などを綴じるファイルは小さい方がいい。しかも、ただ小さいだけでなく、大事な書類も持ち運べるよう折りジワがつかないものが望ましい。このような、一見すると無茶と思える機能を実現したのが、キングジムの『コンパック』である。

 2017年6月に発売した『コンパック』は2つ折りのクリアファイル。開くと通常のクリアファイルと同様に、ポケットに入った書類をめくって閲覧できるほか、2つ折りにしても折りジワができないのが特徴だ。まずA42つ折りの5ポケット(最大でA4コピー用紙10枚収納)と10ポケット(同20枚)を発売。2018年8月にA42つ折りの15ポケット(同30枚)とA32つ折りの10ポケット(最大でA3コピー用紙20枚収納)を追加した。これまでに累計26万冊以上売れているという。

A4サイズのファイルが大きく感じる

『コンパック』が誕生したきっかけは、開発を担当した栗山朋之氏(開発本部商品開発部ステーショナリー課 リーダー)の経験にあった。4年間の営業を経て2016年6月に開発に異動した栗山氏は、あることに直面した。それは次のようなものだった。

「営業時代はスーツで出勤し、カバンもビジネスバッグを使っていました。しかし、開発になると私服で通勤してもよくなり、カバンも服に合わせて変えることにしました。開発に異動した当初はプライベート用の小さなカバンで通勤していたのですが、A4サイズのファイルが大きいと感じるほど小さなバッグを使っていたことから、スペースを取らないファイルができないかと考えました」

キングジム
開発本部商品開発部
ステーショナリー課
リーダー
栗山朋之氏

 すでに市場には、A4サイズの書類をコンパクトに持ち運べる商品が登場しており、好評を博していた。ただ、先行していた商品はクリアフォルダーを折り曲げたもので、クリアファイルに比べ見やすさで劣っていた。

 クリアファイルを2つ折りにすれば、見やすい上にコンパクトに持ち運べる。このような着想から、『コンパック』は開発されることになった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。