人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.04

ブロックチェーン情報を発信する新メディア「AIre VOICE 1.0」がスタート

「ブロックチェーン」という言葉をご存知だろうか。仮想通貨を運用したことがある人なら聞いたことがあるかもしれないが、ブロックチェーンの技術は様々な分野で活用でき、大きな可能性を秘めている。

次世代型銀行プラットフォーム「AIre」を提供するIFA株式会社は、3月4日に最新のブロックチェーン情報を発信するメディア『AIre VOICE 1.0(アイレヴォイス)』を公開した。

ブロックチェーンメディア『AIre VOICE 1.0』

AIre VOICE 1.0』は、“インターネット以来の技術革新”と言われるブロックチェーン技術をわかりやすく伝えるメディアだ。ユーザーごとに最適化されたコンテンツを提供し、ブロックチェーン初心者から上級者まで幅広く楽しめる構造を実現している。「国内の市場規模が67兆円に到達する」(経済産業省)とされ、ますますニーズが高まるブロックチェーンの知見を深めるコンテンツを多数展開するという。

業界の先駆者のみならず、アート・ファッション・カルチャー・音楽など各界のトップクリエイターへインタビュー・対談を実施し、多角的かつ独創的なブロックチェーン情報を発信。先進の視点からあらゆる業界で活用できるブロックチェーンの可能性を解説し、未来のテクノロジーを見据えるビジネスパーソンに新しいインスピレーションを与えてくれるだろう。

イベントではIFAの桂城取締役COOと大坂PMが登壇

WBT(World Blockchain Tour)」は、トークンエコノミーとブロックチェーン業界向けのグローバルイベントだ。第2回となるWBT in Tokyoは、ブロックファンズが3月23日に有楽町「丸の内vacans」で開催する。リアルワールドゲームス、VALU、議論メシ、ブロックファンズなど、日本を代表するトークンエコノミーサービスを運営するゲストが登壇し、「トークンエコノミーで人生をアップデートする方法」というテーマで議論する。さらに、日本ブロックチェーン協会のリーガルアドバイザー・小笠原弁護士が「トークンエコノミービジネスを行う上での法的な留意点」について紹介する。

イベントでは『AIre VOICE 1.0』を運営するIFAの桂城 取締役COOと大坂PMが登壇し、「初心者から上級者まで楽しめるブロックチェーン知識」を軸に以下のようなトピックについて解説する。

・ブロックチェーンはどういったものか
・ブロックチェーンで何ができるか
・仮想通貨やブロックチェーンに詳しい人にとって最適なメディアは何か
・『AIre VOICE 1.0』が構築するブロックチェーンを活用したUX機能とは
・銀行に依存しない、ネットワーク共有型の“次世代銀行プラットフォーム”とは
・キャッシュレス化や働き方改革が進むこれからの社会に適応する方法

ブロックチェーンは、次世代を生きる人々にインターネット同様のインパクトを与えるとされている。経済産業省のブロックチェーン関連市場規模予測では全体で67兆円、うち32兆円は「オープン・高効率・高信頼なサプライチェーンの実現」によって動くとされており、金融業界だけでなく広告や流通業界での活用も期待されている。これからのブロックチェーンの動向に注目が集まること間違いなし。

【参加登録】
イベントへのご参加を希望される方は、下記から登録が必要。
https://blockfanzwbttokyo1.peatix.com

【イベント概要】
日時:2019年3月23日(土)19時~22時
入場受付時間:18時30分~18時55分
会場:丸の内vacans by FLOC
住所:東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル2階 FLOCブロックチェーン大学校内
アクセス:
JR有楽町駅より徒歩2分
東京メトロ有楽町線「有楽町駅」D1出口直結
東京メトロ千代田線「二重橋前駅」より徒歩7分
JR「東京駅」丸の内南口より徒歩12分

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。