人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

都心回帰傾向が加速?首都圏の「買って住みたい街」「借りて住みたい街」ランキング

2019.03.04

あなたにとっての「買って住みたい街」と「借りて住みたい街」はどこだろう。LIFULLが発表した「2019年 首都圏版LIFULL HOME’S住みたい街ランキング」によると、今年のキーワードは“都心回帰”という結果になっている。

2019年 首都圏版LIFULL HOME’S住みたい街ランキング

首都圏「買って住みたい街」ランキングは、昨年2位の「目黒」が初めて1位となった。

3位には「恵比寿」、そのほか上位にも都心駅がランクインし、今年のキーワードは“都心回帰”という結果に。また、首都圏「借りて住みたい街」ランキングは、「池袋」が3年連続で1位となり、2位以下は「川崎」「中野」「高円寺」で、昨年と同じ顔ぶれに。

首都圏「買って住みたい街」ランキングは、昨年2位の「目黒」が初のトップを獲得。昨年までは「船橋」「戸塚」と2回にわたり都心以外の駅が1位だったが、今回3年ぶりに都心の駅が1位に返り咲いた。

そして「目黒」は、昨年まで2年連続2位と安定して高い人気を誇っているが、駅前に大規模なタワーマンションができたことで環境がさらに大きく変化し、『職・住・遊』がバランスよく整った注目エリアへと発展していることがトップ獲得の要因となった。

2位には「八王子」が昨年3位から上昇し、2年連続で上位にランクインした。「八王子」も駅前に新築マンションが相次いで誕生し、2018年は"マンション激戦区"として注目された。

3位の「恵比寿」は、昨年の13位から大きく順位が上昇し、勢いを見せる結果となった。このほか「広尾」「月島」「人形町」「三越前」など都心駅が上位に順位をあげている。

特に、住宅地としてのイメージの薄い「人形町」「三越前」に、単身者やDINKS向けのマンションが登場したことで新たな需要を呼び起こし、結果的に都心回帰を推し進めることになった。

関連情報/https://www.homes.co.jp/

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。