人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

契約社員の残業が少ない会社ランキング

2019.03.04

原則として雇用期間があらかじめ定められている「契約社員」。契約社員は雇用契約ごとに勤務時間などの労働条件を決められるため、正社員に比べて基本的に残業は少なく、自分の生活スタイルに合わせて働くことも可能だ。

では、そんな契約社員のなかでも残業時間が短いのはどの企業なのだろうか。今回は企業口コミサイトキャリコネが発表した「契約社員の残業が少ない企業ランキング」をユーザーのコメントと一緒に紹介しよう。

契約社員の残業が少ない企業ランキング

1位は、東京ディズニーリゾートなどを運営するオリエンタルランド。同社では、サービスの質を保ちつつ最適な人員配置を行うWFM(ワークフォース・マネジメント)というITシステムを導入。効率化を図っている。

レジャー、化粧品、介護などさまざまな業界の企業がトップ5入りする結果となったが、いずれの企業も働き方改革を積極的に推進。働き方の選択肢を増やすことや、契約社員の「正社員化」にも注力している。

1位:オリエンタルランド(残業4.1時間/月)

「強制的な残業はほぼ無し。断っても立場が悪くなることはない。有休は申請さえすれば100%通るのは良いと思う」

(その他職種/30代前半女性/契約社員/年収168万円/2017年度)

2位:DHC(ディーエイチシー)(残業4.5時間/月)

「残業はほぼないです。残業は極力しないようにと言われます。しかし、人員が少ないので、残業しなければいけないときは出てきます。ただ、割と定時上がりで、レジ閉めに時間がかからない限りは、ぴったりに上がれていました。休日出勤は特にないです」

(ショップスタッフ/20代前半女性/契約社員/年収350万円/2015年度)

3位:ニチイ学館(残業5.6時間/月)

「残業はないことが多いです。シフト制なので土日も出勤することはもちろんあります。勤務時間は8時間です。特に不満を感じることはありませんでした。先輩たちはとても優しく、職場の雰囲気も良かったと思います」

(その他職種/20代前半男性/契約社員/年収300万円/2016年度)

4位:ファンケル(残業8.0時間/月)

「契約社員の実働勤務時間は、1日6時間程度。残業も月10時間までに抑える風潮があるため、立ち仕事であるが同業他社に比べ無理なく働くことができると感じる」

(ショップスタッフ/20代後半女性/契約社員/年収250万円/2017年度)

5位:KDDIエボルバ(残業8.7時間/月)

「残業についても36(サブロク)協定について事前にしっかり説明され、勤怠管理ツール上にも残業時間が表示されるため、過剰残業に発展するようなことはないと思われる。また、配属される部署にもよると思うが、夜勤が発生する場合もある。そのときには時差出勤をして昼から出勤することになる。休日出勤もありえるが、問題なく代休は頂けるので心配はいらない」

(社内SE/30代前半男性/契約社員/年収400万円/2017年度)

<調査概要> 「契約社員の残業が少ない企業ランキング」

調査対象:『日経業界地図 2018年版』(日本経済新聞出版社)に記載があり、対象期間中に「キャリコネ」に契約社員のユーザーから給与・残業情報が10件以上寄せられた企業

関連情報/https://careerconnection.jp/

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。