人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

史上最強!30杯分のゴミを収納できる自動収集機を搭載したロボット掃除機、ルンバ「i7+」

2019.03.03

アイロボットジャパンは、ロボット掃除機ルンバのフラッグシップモデル「ルンバi7」と「ルンバi7+」を日本市場に投入する。発売日は「ルンバi7」が2月22日、「ルンバi7+」が3月8日。公式オンラインストア価格は「ルンバi7」が99,880円 (税別)、「ルンバi7+」が129,880円 (税別)。

「ルンバi7+」

「ルンバi7」「ルンバi7+」ともに、ルンバが家の間取りを学習し記憶することで、掃除する場所を自在に選ぶことができるImprint スマートマッピングを初導入。

アイロボット独自のiAdapt3.0 ビジュアルローカリゼーションにより、最大10の異なるフロアのマップ(間取り図)を作成し、ルンバ自身の正確な位置情報を把握。掃除を終えた場所としていない場所を的確に記憶することで、家中をシームレスかつ効率的に掃除してくれるのだ。

また、部屋を「キッチン」や「リビング」などそれぞれの名前をつけて管理できるので、曜日ごとに清掃する部屋や時間を設定し、清掃スケジュールを自在にコントロール可能。さらに、ユーザー自身が設定した特定のエリアのみの掃除を指示することもできるという。

もちろん、清掃能力も優秀で、ゴミを確実に取り除く2本のゴム製のデュアルアクションブラシや、壁ぎわや部屋の隅の取りにくいゴミをかき出すエッジクリーニングブラシ、ゴミを浮かせてパワフルに吸引するルンバ独自の特許技術によるクリーニングシステムAeroForce 3段階クリーニングシステムを搭載。微細なゴミやカーペットの毛まで逃さずしっかり掃除できる。

そのほか、丸ごと水洗いできるダスト容器も採用。もちろんWi-Fiにも対応し、iRobot HOMEアプリでどこからでもすぐにルンバを操作できるほか、スケジュール管理はもちろん、清掃状況や清掃履歴の確認も可能。GoogleアシスタントとAmazon Alexaにも対応する。

さらに、「ルンバi7+」にはクリーンベース(自動ゴミ収集機)を付帯。掃除が完了するとルンバ本体のダスト容器のゴミを、クリーンベース内の密封型紙パックに自動で排出。ダスト容器30杯分ものゴミを収納できるうえ、集めたゴミは紙パックごとそのまま捨てることができるのだ。

製品情報
http://irobot-jp.com/product/i7/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。