人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.04

パーソナルメディア化が加速する10代、20代のSNS利用実態、10代で「Tik Tok」が急伸

今や、やっていない人を探すのが困難なほど、誰もが何かしらのアカウントを持っているSNS。特に流行の最先端をいく10~20代は、複数のSNSを縦横無尽に使いこなし、投稿も活発に行っている人が多そうだ。

そこで今回、SNSを利用している10代、20代男女1,237名を対象に、SNSにまつわるいくつかのアンケート調査が行われた。

2019年版 若年層のSNS利用事情に迫る!

はじめに、「利用しているSNSは何か」という超さが行われたところ、いずれの性年代においても第1位は「LINE」となり、およそ9割の若年層男女が利用していることが明らかに。

「Twitter」は10代女性が約7割と最も利用率が高く、他性年代でも利用率は約6割と高い傾向にあった。

その他のSNSでは年代や性別で利用率にばらつきが見られ、「Instagram」は女性の利用率が高く、「TikTok」は10代男女、「Facebook」は20代男女の利用率が高い結果となった。

続いて、「TVや映画などを見た際、SNSでハッシュタグを検索したり、出演者のSNS投稿を見たりしたことがあるか」と尋ねる調査が行われたところ、「検索、投稿を見た経験がある」と回答した人は10代男性で48.7%、10代女性で69.1%、20代男性で39.4%、20代女性で59.6%となった。

10代、20代ともに男性よりも女性の方が、気になったTVや映画、出演者のSNSをチェックしている様子が伺える。また、10代男性でも約半数の人が「ある」と回答したことからも、若年層のSNS利用はメディアと密接な関係にあると言えそうだ。

著しい、ミレニアル世代における「SNSのパーソナルメディア化」

続いて、SNSとメディアとの関係をさらに紐解くために、各SNS利用者を対象に「SNSで話題になっていたことがきっかけでTVや映画などを見たことはあるか」と尋ねる調査が行われたところ、「ある」と回答した人は全体で60.2%となり、若年層の約6割はSNSをきっかけにTVや映画などを視聴した経験があることが明らかに。また、コンテンツ視聴後の投稿経験は全体で36.2%となった。

最後に、投稿経験者を対象に投稿時の心情を尋ねる調査が行われた。その結果、男性からは「記録」や「感想」、女性からは「共有」や「おすすめ」というキーワードが多く挙がり、SNSに投稿する際の目的も男女で異なっている様子が伺えた。

全体で共通していたのは、「良いものを人に勧めたい」という気持ちがあって投稿するという意見だった。SNS全盛の今の時代は、若者の「拡散意欲」を刺激するものほど、ヒットコンテンツになりやすいのかも知れない。

出典元:株式会社テスティー

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。