人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.03

温水を床暖房に利用!コンパクトになったパナソニックの家庭用燃料電池「エネファーム」新モデル

巨大台風や地震など予想を超える天災に見舞われた2018年。災害時への備えが改めて見直される中、パナソニックの家庭用燃料電池『エネファーム』の新製品が4月1日より発売される。非常時への備えなどをさらに充実させる一方、ボディの小型化を実現。一家に一台、標準装備になるかもしれない最新システムの性能を滋賀・草津の製造工場より、いち早くリポートしよう。

戸建住宅向けとして一般販売される6世代目の『エネファーム』。

非常用設備としての実力がアップ

従来モデルではオプション機能として提供していた「停電時発電継続機能」が標準搭載となった『エネファーム』。同機能ではスマートフォンやパソコンなど消費電力の小さい電子機器が使える500Wの電力を最長で8日間(192時間)連続供給できたが、今回、新たに強力なオプションが加わった。それがハイブリッド蓄電システムとの連携。最大650 Wで発電でき、さらに蓄電池がバックアップするため、消費電力が大きい電気製品の使用も可能となった。明るい室内で家族を安心して守ることができるのだ。

エコなライフスタイルを実現する機能も追加

豊富な電力の供給を可能にした『エネファーム』は、常にエコな生活をバックアップする。都市ガスから取り出した水素と、空気中の酸素を化学反応させることで発電。その電気を住まいに供給するほか、発電の発生する熱を利用してできたお湯を屋内外の給湯に利用できる。さらに新製品では温水を床暖房にも利用できるようになった。これらの操作はスマートフォンの専用アプリと連携することにより遠隔での操作も可能だ。

新製品では温水を発生させ床暖房も可能にした。

電力や天然資源を大量に消費する時代は限界を迎え、クリーンエネルギーの社会の実現は世界的な急務となっている。そんな時代だからこそ、まずは身近にできる「創エネ」「省エネ」を実践してみてはいかがか。

取材・文/高瀬光彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。