小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ブロックチェーンは完璧でも万能でもない!メリットとデメリットを理解する

2019.03.25

分散型コンピューティングの問題点

 さらにブロックチェーンが採用する分散コンピューティングには、独特の問題点が存在します。

 科学計算においては、多くのノードで分担して計算を行うことによって、全体の計算速度を上げるシステムが存在します。分散コンピューティングでは、宇宙から届く電波の中から宇宙人が発したと思われる波形を抽出するための「SETI@home」というプロジェクトが有名ですが、これは一般家庭のパソコンにも協力してもらって、膨大な処理を行うものでした。このシステムでは、処理をバラバラに分解してそれぞれのパソコンで計算し、その結果を中央のコンピューターでまとめるという仕組みです。

 ブロックチェーンで行われている計算は、これとは全く異なります。ネットワークに参加している多数のノードでは、基本的に同じ計算が実行されます。そのため、システム全体としては無駄な作業がたくさん発生していることになり、計算の実行速度は上がりません。

 また、パブリック型のブロックチェーンでは、参加したいノードを拒むことができません。誤った目的を持った参加者がいても、排除できないのです。通常、悪意を持ってブロックチェーンに参加する人がいても、多くの参加者が合理的に判断する限り、計算結果は正しいものになります。しかし、ノード数が少ないブロックチェーンでは、悪意ある参加者が増えてくると、正しい結果にたどり着かない事態も考えられます。あるいは、正しい結果にたどり着いたとしても、それまでに時間がかかってしまうこともあります。さらに、何らかの理由でそのブロックチェーンを破棄したいと思っても、管理者がいないため、なかなか停止させることができません。

引用元:http://setiathome.berkeley.edu/
SETI@homeは、カリフォルニア大学バークレー校が運営しているプロジェクトです。1999年にスタートしたが、現在も公開中です。

管理者がいないゆえの問題も

 各ノードが与えられた計算を実行する中で、ほぼ同時に異なる結果に至ることがあります。結果を得たノードはチェーンの末尾に自分が得た結果のブロックを追加しますが、異なるブロックが書き込まれた結果、本来、ひとつづきのチェーンであるべきところに分岐(フォーク)が起こることがあります。

 管理者がいないブロックチェーンでは、どちらのブロックが正しいのかを裁定するのは各ノードの仕事です。各ノードが検算を行って、正しい方に次のブロックをつないでいくため、正しい方はチェーンが伸びていきます。誤った結果のブロックには、次のブロックが付けられることなく、短いままです。こうして、長い方のブロックを正しいものとして採用し、短い方は捨てられることになります。

 このように、フォークは基本的に時間が経つにつれて、正しいもののみが残る仕組みになっています。しかし、ブロックチェーンそのものの仕様を変更しようとした場合は厄介です。通常は、「シグナリング」という方法でノードの95%が合意に至れば、仕様は変更されます。もし合意に至らない場合は、分岐が1つに収束しない恒久的なものとなってしまうことがあります。これを「ハードフォーク」と言います。暗号資産のニュースを追いかけている人なら、何度か耳にしたことがあるでしょう。管理者不在のブロックチェーンにおいては、重要な仕様変更も民主的に行われるため、非効率だとも言えます。

ブロックチェーンが恒久的分岐(ハードフォーク)する場合、旧仕様を採用するブロックチェーンと、新仕様を採用するブロックチェーンの2つができてしまいます。

 ブロックチェーンは、様々な分野への活用が見込まれている重要な技術ですが、万能ではなく、どんな作業にも組み込むことができるわけではありません。ブロックチェーンを業務のどこかに組み込めないかと考えることは有効でしょうが、採用前提での検討は混乱につながることも考えられます。採用例がない業務への適用は、慎重に吟味することをおすすめします。

取材・文/久我吉史
現役の金融ビジネスパーソンでもある金融ライター。ネット証券やネット銀行などを渡り歩き、ITから法人営業まで何でもこなす。最近は金融ビジネスをコーポレート(法務・会計)目線で作り上げるような毎日を送っている。
作図/稲岡聡平

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。