人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.02

ビールメーカーで普通のOLをしていた私がパーソナルトレーナーになった理由

「起業」は飛び抜けて優れた人や特別な人がするもので、自分とは関係がないと思うかもしれない。しかし、起業はただの手段であり、誰もが選択できるものだ。自らの夢を実現するために起業という道を選んだ「起業人」を紹介する。

東京都大森で「本命ボディメイクスタジオ」を運営している清水マリさん。大手ビールメーカーの研究開発職から、パーソナルトレーナーに転身した。トレーニングはもちろん、時に恋愛相談を受けたりと、多方面から受講生のサポートをしている。ごく普通のOLがどうして起業人になったのか。

10Kg増え、マイナス発言が多くなった

以前はビールメーカーで研究開発の仕事をしていました。仕事柄ビールを飲む機会が多く、10キロ近く太ってしまったんです。それにより、自信が全くなくなってしまいました。「どうせ私なんか・・」「昔はこんなんじゃなかった」というマイナス思考と発言が多くなりました。それまで着ていた洋服が入らなくなり、自分自身に苛立ちを感じたりもしていました。友人からの誘いに気が乗らなくても、「こんな私が断ったら、もう誘ってもらえないかも。」なんて思って、無理して参加していました。

このままじゃダメだと思い、ダイエットを始めました。ホットヨガ、ジム、加圧、ランニングなどやっても、自分一人ではなかなか結果がついてこず、一念発起でパーソナルトレーナーをつけることにしたんです。トレーニングと食事指導を受け続けると、理想のスタイルを手に入れることができました。それだけでなく、メンタルも強くなる、お肌もハリが出て若返る、明るくなる、そんな女性としての変化を体感しました。

自信がついたことにより、着たい服を着るようになりました。デートのお誘いも増え、仕事面でも堂々とプレゼンができるようになりました。見た目が変われば意識が変わる。意識が変われば未来が変わるんです。この経験から、「一生懸命働く女性に、仕事も、恋も、すべて手に入れて欲しい!」と思い、パーソナルトレーナーの仕事に惹かれました。

安定をとるか、やりがいをとるか

会社員は安定していますし、仕事を辞めるのには不安がありました。そこで、会社員をしながらパーソナルトレーナーとして働き始め、トレーナーとしてのスキルと経験を積みながら、本当にやりたい仕事なのかを見極めることにしました。これはとても貴重な時間となりました。トレーナーとしての楽しさややりがいに加え、大変さも経験することができました。

2年半ダブルワークを続け、貯金が目標金額まで達したとき、「安定をとるか、やりがいをとるか?」と自分に問いかけ、「女性がこんなに幸せになれる瞬間に立ち会える仕事、やっぱりやりたい!今やらないと絶対後悔する」と思い、会社を辞め、パーソナルトレーナとしての道を選びました。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。