人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.12

主要サービスに対応しながら独自に進化するコンビニのスマホ決済事情

コンビニエンスストアは、各種決済サービスの導入に積極的だ。古くはクレジットカードや電子マネー、交通系ICカード。『Apple Pay』にもいち早く対応してきた。もちろん、バーコード決済も利用できる。しかも、現在展開中のサービスに対応するだけでなく、今年は大手コンビニ3社が、自らバーコード決済サービスを開発し、参入すると見られている。選択肢が広がり、より便利になりそうだ。

ローソン系

新しい決済サービスへの対応が早いローソン。主要サービスに加え、3月下旬には『PayPay』にも対応予定だ。一部の店舗では、客が自分のスマホで商品のバーコードを読み取って買い物するユニークな決済方法も実施中。

独自の『ローソンスマホペイ』が一部店舗で体験できる

専用アプリで商品のバーコードを読み取り、クレカや『Apple Pay』などで店内のどこでも決済。QRコードをリーダーにかざして退店する。

ファミリーマート系

大規模キャンペーンで知名度を上げた『PayPay』を利用できることで注目度がアップ。ローソンと並んで多くのサービスに対応している。今夏には独自のバーコード決済『ファミペイ』を開始するとも発表した。

独自の『ファミペイ』が今夏登場!

バーコード決済に対応したスマホ専用の電子マネー『ファミペイ』が今夏に開始。クーポンや、電子レシート機能などを備えたオールインワンアプリが、7月からダウンロードできるようになる(写真は現在のファミリーマートアプリ)。

〈セブン-イレブンの対応は?〉
今夏に独自のスマホ決済『セブンペイ』が始まる!?

ローソン、ファミマがスマホ決済導入に積極的な一方、セブン-イレブンは対応していない。しかしセブン-イレブンも、今夏に独自のスマホ決済『セブンペイ』を導入すると報道されている。実際、セブン・ペイという会社が昨年設立されており、2019年に新スマホ決済サービスが開始する予定。セブン&アイの広報担当者に確認したところ、現時点で公表できる情報はないとのことだったがセブンペイのロゴが商標出願されていることからも、スマホアプリを活用した決済であることは間違いなさそうだ。

※2月16日発売の『DIME』4月号37ページ、ファミリーマートの導入決済サービスに掲載されているOrigamiのロゴは、誤りですので訂正いたします。

取材・文/房野麻子
写真提供:©daj28053/ForYourImages

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。