人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

期待値はトップクラス!仮想通貨イーサリアムはこれからどうなる?

2019.03.05

仮想通貨において現在、時価総額トップを走るビットコイン(BTC)。そのアルトコインであるイーサリアム(ETH)とリップル(XRP)は、時価総額2位の座を争う、今後を期待される通貨だ。

リップルはブロック生成速度の速さでスケーラビリティの高さを期待され、多くの金融機関が国際送金の手段として採用を予定している。一方、イーサリアムは、契約をブロックチェーンに追記できる「スマートコントラクト」など、通貨としての機能以外にも特徴があり、将来性を期待されている。

アップデートの度に価格を上げてきているイーサリアムは、今後どうなっていくのだろうか? この記事では、そんなイーサリアムの今後について解説・予想していく。

【参考】

“億り人”を量産した仮想通貨!今後はどうなる?

イーサリアムの価格はどれくらいなのか?

イーサリアムが仮想通貨市場に登場したのは、2015年7月。初期の開発段階から、Frontier(フロンティア)というアップデートを経てのことだった。この時の価格はUS$5だ。

2019年1月末現在の価格は、US$110近辺。当時から比べると、3年半で20倍以上も価格が上がっている。

イーサリアムはお買い得なのか? 価格推移を見る

2016年3月には、アプリケーションプラットフォームとしてのアップデートHomestead(ホームステッド)が行われ、スタート時のUS$5からUS$13まで上昇。2017年10月の匿名性向上を目的としたByzantium(ビザンチウム)では、一気にUS$335になった。

2018年10月に予定されていた最新アップデート「Constantinople(コンスタンチノープル)」は、セキュリティの脆弱性が問題となり現在までリリースが延期されている(2019年1月)。前述のとおり、現在はUS$110近辺なので、1年ちょっとで価格が1/3まで下がったのがわかる。

これだけ見ると、現在はお買い得のように思えるが、この先下がったりすれば損をする可能性もある。この記事をはじめ、様々な情報を集めて予測をしっかり立てよう。

イーサリアムの価格を、ほかの仮想通貨と比較すると?

2017年に80兆円あった仮想通貨の市場は、2018年には30兆円まで縮小した。2019年2月現在、約US$110のイーサリアムだが、ほかの仮想通貨の価格はどうなっているのだろうか? 時価総額トップのビットコインはUS$3470、リップルはUS$305、ネム(XEM)US$54、アイオータ(IOTA)US$0.28だ(2019年1月27日現在)。

【参考】

バブル崩壊後の仮想通貨はどうなるのか?

将来性があるって言うけど、イーサリアムはいくらまで上がる?

マウントゴックスの破綻やコインチェックからのネム流出など、ネガティブな話題が多かったせいか、ほかの仮想通貨と同じく、イーサリアムも2018年から価格を下げ続けている。

ただし、流出については取引所のセキュリティに関する固有の問題で、仮想通貨そのものに問題があるわけではない。日本で仮想通貨と呼ばれているデジタル通貨は、英語圏ではCryptocurrency(暗号通貨)と呼ばれる。本来は暗号化され、ネットワーク上の第三者が監視するセキュリティ度の高い通貨なのだ。

前述のように、イーサリアムはFrontier、Homestead、Byzantiumとアップデートを続けてきており、そのたびに価格を上げている。今後予定されているConstantinople、Serenity(セレニティ/最終アップデートとされているが、実施時期は未定)が実行されれば、使い勝手と信頼度が上がり、価格も安定して上がっていくだろうと予想されている。

またICO(Initial coin offering:仮想通貨の新規発行による資金調達・クラウドファンディング)の増加によるイーサリアムの需要増にも期待がかかる。ICOで発行される多くのトークンにはイーサリアムのブロックチェーンが利用されている。ICOが増えていけばイーサリアムの需要が高まり、価値が上がっていくことだろう。詳しくは後述するが、US$2,500や現在のビットコインの価格であるUS$3,500を超えるという予想も出ている。

【参考】

仮想通貨はビットコインだけじゃない!長期で儲ける主要アルトコイン入門

注目のイーサリアム、2019年はどうなる?

さまざまな理由で今後が期待されるイーサリアムだが、2019年以降はどうなっていくのだろうか? 世界中のアナリストやコンサルティング会社、仮想通貨の専門家による2019年の予想を見ていこう。

イーサリアムの2019年、プロの予想は?

2019年1月末現在US$110の価格は、2019年中には上昇に転じるとの予想が大半だ。その理由としては、まずアップデートによる信頼性の向上で、多くの人や機関がイーサリアムを利用するようになることが1つ。もう1つは、2017年にイーサリアムで多額の資金調達をしたICOが、2019年にふたたび行うというウワサだ。

イーサリアムの気になる今後、価格予想は?

前述のプロによると、今後の価格予想はUS$500からUS$2500、もしくはそれ以上と幅広い。これは、イーサリアムの需要や、価格が高まるイベントがいつ実施されるかによって、左右されるからだろう。いずれにせよ、2018年のUS$335より上がるという予想が出ている。

イーサリアムは2020年以降どうなるのか?

では、イーサリアムは2020年以降、どのようになるのだろうか?

実施時期は未定だが、イーサリアムの最終アップデートSerenityでは、トランザクション処理のアルゴリズム(キャスパー)をPoW(Proof of Work)からPoS(Proof of Stake)に変更し、ブロックチェーンの処理性能を大幅に向上させることが予定されている。

もしSerenityが2019年中に実施され、イーサリアムにEthereum Ver.1.xという正式なバージョン番号が付くと、ビットコインの市場の半分を5年以内に奪うという予想もある(金融商品の格付け会社・ワイスレイティングス)。そうなると、一気にイーサリアムの価値は高まるだろう。

イーサリアムの2020年を大胆予想!

前述の予想に加え、2020年のイーサリアムを大胆に予想してみる。

イーサリアムにPoSが実装されれば、多くの機関投資家が多額の資金をイーサリアムのネットワークにステーキング(Staking:仮想通貨をウォレットに保管することで報酬を得る行為)することが考えられる。

そうなると、流通量が減ったイーサリアムは、価格がグッと上昇する可能性が高い。そういった条件を踏まえた専門家たちは、現在(2019年1月)のビットコインの価格であるUS$3,00を、イーサリアムが越えてくると予想している。

取引所の破綻や流出などの事件が、ネガティブなイメージを植え付けた仮想通貨。しかし、この記事で紹介したイーサリアムは、「仮想通貨2.0」と呼ばれるアルトコインの中でも、ビジネスへの展開も期待されている有望株だ。「バブル」や「流出」というキーワードはとりあえず脇へ置き、その動向に注目してみてはいかがだろうか。

文/ねこリセット

※本記事は投資を推奨する目的はありません。あくまで自己責任・自己判断でご利用下さい。

※価格推移などはあくまで予測です。相場に基づくため予測より上下することがあります。

※データは2019年1月下旬時点での編集部調べ。

※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するのものではありません。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。