人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.09

競馬とフーゾクの街から子育ての街へ!おしゃれ化するオヤジの街・錦糸町

 かつて、場外馬券売り場と歓楽街というイメージがあった東京・錦糸町が激変している。休日に街を歩くと、競馬新聞を片手にタバコを吸うオジサンの姿は少なく、家族連れやビジネスパーソン、欧米人の姿が目立つ。

 JR総武線、東京メトロ半蔵門線が乗り入れるターミナル駅である錦糸町は、東京都市計画で“副都心”とされている。1日の乗降客は約30万人。06年に地上31階のオフィスビル・オリナスタワーが開業してから、就労人口が増え、東京の東の玄関口ともいえるほどの発展を続けている。錦糸町三和町会の清水敏夫さんに背景を伺った。

「80年代半ばの国鉄民営化から、錦糸町の再開発がスタートしました。97年に本格的なコンサートホール『すみだトリフォニーホール』が開業して文化の街へ。02年北口駅前に『アルカキット錦糸町』が開業してからはファミリー層が増えました。テナントにベビー用品店が入ったことも大きいです」

 錦糸町は都心からも近いのに家賃が割安。東日本大震災後、職住近接志向が強まったことで、都心で働くオフィスワーカーが家族と住む街として選ぶようになった。それに伴い、街のイメージが変わっていく。17年11月、南口の歓楽街のど真ん中に、外資系のホテルチェーン・マリオットの『モクシー東京錦糸町』が開業。総支配人の山田政和さんは「スカイツリーや浅草、銀座からのアクセスが良く、物価も安く、飲食店も多い。欧米からの旅行客を中心に、満室が続いています」と話す。

 昭和、平成と男の欲望に応え続けた街の激変に一抹の寂しさも感じるが、「住みたい街ランキング」上位に食い込む日も近い!?

南口のアートなホテル

モクシー東京錦糸町

1泊1万7150円~

モクシー東京錦糸町米マリオット・インターナショナルによるミレニアル世代をターゲットとした滞在型ホテル。おしゃれで広いラウンジやバーカウンターでは地元の人と旅行客の交流も生まれている。

モクシー東京錦糸町[DATA](住)東京都墨田区江東橋3-4-2 (電)03・5624・8801

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。