人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

3時間8000円!若いスタッフがシニア宅で一緒に食事をする新サービス「FAMEAL」

2019.03.07

新しいシニア向けサービスが続々登場している中、60歳以上のシニア層の自宅に若者が訪問し、一緒に料理を作り楽しい時間を共有するサービスができた。このサービスが特徴的なのは、シニアと若年層との組み合わせが斬新なところにある。3時間8,000円(税込)で得られることは? サービス立ち上げ経緯や詳細を聞いた。

FAMEAL(ファミール)とは?

(FAMEAL提供)

「FAMEAL(ファミール)」は、とてもシンプルなサービスだ。スタッフが1名シニア層の自宅に訪問し、一緒に料理を作り一緒に食べ、一緒に片付けて帰る。シニアに若い層との交流による楽しい時間を提供してくれる。

3時間で8,000円(税込)、30分の延長につき、+1,200円(税込)、さらにもう一人追加すると+3,000円(税込)という設定になっている。2019年2月末現在は、無料キャンペーン中だという。

提供エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉、そして今のところ利用者の年齢制限は特段、設けられてはいないようだ。

(FAMEAL提供)

なぜ「シニア×若年層」?

このファミールの特徴はシニアと若年層の組み合わせにある。

そもそも、FAMEALのスタッフはなぜ若年層なのだろうか? 運営元のSimdy(シムディ)代表、田中悠介さんは次のように答える。

「ある程度、若年層とコミュニケーションをとるほうが、例えば40~50代の人と比べて、今FAMEALが提供しようとしている『楽しい時間』のイメージができたからです」

年齢のことも含めて、このサービスを提供するきっかけとなったできごとがあるという。

「このサービスを作るきっかけになったのは、僕と祖父母とのコミュニケーションでした。当時、僕は東京に住んでいて、祖父母は福島に住んでいました。福島まで近くはないですし、年に1回行くくらいでした。

会いに行かなくても電話は頻繁にかかってきていましたが、直接会うととても嬉しそうにしてくれ、いろいろ質問してきたり、美味しいものを用意してくれたり、さらに東京に帰るときにお金もくれたりします。

そのとき、『これをサービスにできるのでは?』と思いました。自分が体験していた充実した時間は、身近な人とのコミュニケーションに限らず、共有することができたら素晴らしいと思ったのです」

また、既存のシニア向けサービスとは違う意味合いもあるそうだ。

「シニア向けのサービスといえば、介護や配食サービスが多く、また、高齢化問題を、どちらかというとネガティブに捉えられている印象を受けます。元気なシニア層向けのサービスがあればポジティブに変えることができるのではないか、できたら面白いのでは、と考えました。

いろいろとブラッシュアップしていくうちに、世間的に問題視されているような高齢者の孤立化や認知症の問題について、このサービスで将来、解決する方向になるのではないかと、直感ですが、イメージできました。

そして僕の実体験から、70、80代のおじいちゃんおばあちゃんがどんな人と接する機会があると嬉しいかなと考えたときに、当時の僕に近い年齢、学生〜20代、30代前後の人が良いのではと思いました」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。