人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

AIアシスタント機能が進化!富士通が「LIFEBOOK AHシリーズ」と「ESPRIMO FHシリーズ」の新モデル7機種を発売

2019.02.25

富士通クライアントコンピューティングは、個人向けパソコン「FMV」の新製品として、快適性を追求した15.6型ノートパソコン「LIFEBOOK(ライフブック) AHシリーズ」4機種と、23.8型デスクトップパソコン「ESPRIMO(エスプリモ) FHシリーズ」3機種を2月14日より順次販売開始した。いずれも価格はオープン。

「LIFEBOOK AHシリーズ」
15.6型狭額縁液晶ディスプレイやハイレゾ再生対応のスピーカーを搭載した「FMV」のベーシックノートパソコン。CPUは、「AH77/D1」と「AH53/D1」は最新のインテルCore i7-8565U、「AH45/D1」はインテルCore i3-7100U、「AH42/D1」はインテル Celeron 3865Uを採用。本シリーズ全機種に「Office Home&Business 2019(個人向け)」を搭載する。

また、最上位機種「AH77/D1」は、従来の2つのマイクから4つの搭載に改良。これにより、パソコンの真正面から声を発しなくても、正面と同程度の認識率を実現し、「いつもアシスト ふくまろ」などの音声操作がスムーズに行なえるようになった。

発売日は、「AH77/D1」と「AH45/D1」が2月14日。「AH53/D1」と「AH42/D1」が4月25日。実勢価格は「AH77/D1」が21万円前後(税別)、「AH45/D1」が16万円前後(税別)。予想実勢価格は「AH53/D1」が20万円前後(税別)、「AH42/D1」が13万5,000円前後(税別)。

「ESPRIMO FHシリーズ」
4辺狭額フレームや省スペース設計が特徴の23.8型液晶一体型パソコン。CPUは、「FH77/D1」と「FH70/D1」がインテル Core i7-8750H、「FH52/D1」がインテル Celeron 3865Uを採用する。

また、「FH77/D1」と「FH70/D1」は、最新の「Office Home&Business 2019(個人向け)」や、音質の向上と音の広がりを実現する音響補正アプリケーション「Dirac Audio」を搭載する。

発売日は全機種2月14日。実勢価格は「FH77/D1」が21万円前後(税別)、「FH70/D1」が19万円前後(税別)、「FH52/D1」が15万円前後(税別)。

さらに、独自のAIアシスタント「いつもアシスト ふくまろ」がバージョンアップ。これまでの全画面表示以外にミニビュー設定もできるようになったほか、タイマーやパソコンのアプリ起動などの便利な機能が追加された。

そのほか、富士通ショッピングサイト「WEB MART」にて、カスタムメイドモデル4シリーズ8機種を2月16日から順次発売。用途に合わせてメモリやハードディスクなどのスペックを選択しオーダーできるので、こちらも注目だ。

関連情報
http://www.fmworld.net/fmv/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。