人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.23

どれか持ってる?カシオ「G-SHOCK」35年間の売上ベスト3

カシオ計算機は、 耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”が2018年に35周年を迎えたのを機に、これまでのモデル別の出荷履歴を集計した。

2017年には累計出荷数1億個を突破した“G-SHOCK”だが、その35年間で出荷した1億個を超える中から国内での上位3モデルを発表。

【集計方法】
・日本国内へ出荷されたモデルが対象。
・カラーバリエーションを含む、 ベースモデルの出荷数量を集計。
「XX-〇〇〇〇」(今回1位のモデルだと「DW-6900」)までの型番が共通のモデルを同一のモデルとして数えている。 例えば、 「DW-6900MR」は「DW-6900」に含むが「DW-6935C」は含まない。

第1位「DW-6900」1995年発売

DW-6900B-9

「DW-6900」は、 “G-SHOCK”で初めてELバックライトを搭載した「DW-6600」(1994年発売)に続いて発売され、 バックライトに文字やマークが浮かび上がる仕様が人気に。 さまざまなタイアップモデルやテーマモデルのベースとなり、 堂々の第1位となった。

第2位「DW-5600」1996年発売

DW-5600E-1

“G-SHOCK”の初号機「DW-5000C」(1983年発売)の系譜を受け継ぐスクエア型のモデル。 開発者が2年以上の月日を経てたどり着いたまさに「機能美」と呼べるデザインは、 “G-SHOCK”を象徴するモデルとして長きにわたり支持されている。

第3位「GA-110」2010年発売

GA-110-1A

3モデルの中では最も新しいモデルで、 緻密なパーツを組み上げたそのデザインから、 これまでにさまざまなカラーバリエーションが発売されてきた。 大きなサイズから、 特に海外でも人気が高いモデル。

関連情報:https://g-shock.jp/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。