人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

全自動、電力不要、デザイン、豊富なミルクメニュー、コーヒー好きも満足する最新エスプレッソマシン

2019.02.24

豆を挽くことから可能な全自動型からカートリッジタイプ、アウトドア用まで、様々なエスプレッソマシンを揃えました。ライフスタイルに合ったマシンがきっと見つかりますよ。

エスプレッソマシン

電力不要でアウトドアでも使える!場所を選ばずエスプレッソが3分で淹れられる「Nomad Espresso Machine」

電力不要の小型エスプレッソマシン「Nomad Espresso Machine(ノマドエスプレッソマシン)」の日本上陸に向けたプロジェクトがクラウドファンディングサイト「Kibidango」にて開催中。プロジェクトは4月4日までで、目標金額64万円達成で日本上陸が決定する。

【参考】https://dime.jp/genre/669917/

こだわりのコーヒーマシンの選び方|エスプレッソタイプ3モデルを徹底比較!

エスプレッソタイプ

エスプレッソタイプのコーヒーメーカーの新商品を中心に、注目機種の使い勝手&味をチェックしました!

【参考】https://dime.jp/genre/613309/

カプセルコーヒーのネスプレッソから5か国の地域特性と職人技を融合させた「マスターオリジン」が登場

 1986年に誕生したネスプレッソは、コーヒーの品質を守るアルミカプセルを専用マシンで抽出するコーヒーブランド。高品質コーヒーを安定的かつ長期間保存でするのが大前提となるネスプレッソでは、2003年よりNGOレインフォレスト・アライアンスと協働し「ネスプレッソAAA持続可能品質プログラム」をスタートさせた。フェアトレード認証も受けているこのプログラムは、より品質が良く、高い生産性で栽培できる技術支援やトレーニングを生産者に対して行っている。

【参考】https://dime.jp/genre/591869/

デロンギのアクティブシリーズよりデザイン性にこだわった「エスプレッソ・カプチーノメーカー」が登場

毎日使うコーヒーメーカーは機能性はもちろんだが、デザイン性にもこだわりたいもの。 今回紹介したいのはデロンギ・ジャパンの『エスプレッソ・カプチーノメーカー(ECP3220J)』。アクセントカラーのパッションレッドがキッチンを元気に彩ってくれる。

【参考】https://dime.jp/genre/588128/

抽出温度が4段階で調節できる!デロンギの全自動コーヒーマシン「マグニフィカ」からエントリーモデルが登場

豆から挽くことで本場イタリアのコーヒーを味わえるデロンギ・ジャパンの『デロンギ マグニフィカ 全自動コーヒーマシン』からエントリーモデルESAM03110Bが登場した。 これ1台でエスプレッソはもちろん、レギュラーコーヒー、カフェラテ、カプチーノなどの豊富なメニューを楽しむことができる。

【参考】https://dime.jp/genre/574018/

ボタンひとつで本格的なミルクメニューが楽しめるネスプレッソのコーヒーマシン『ラティシマ・ワン』

 今、使っているコーヒーメーカーに不満はないイシザキだが、次に狙うのはミルクメニュー付きの全自動モデル。「妻がカプチーノ好きなので、フォームミルクを自動で作れるマシンを探していました。ネスプレッソの新製品はカプセル式で操作が簡単で、ローメンテナンスなのもイイ。デザインもスマートで気に入ってもらえそう。ただ僕としては、重厚感あるデロンギのマシンにも惹かれます。豆挽きから粉を詰めるタンピングまでバリスタ級の技を搭載し、しかも、わずか30秒でカフェメニューが楽しめる。どちらを選ぶかは、ボーナス次第……」(デスク・イシザキ)

【参考】https://dime.jp/genre/560156/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。