小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

買うならどっち?ホンダのハイクオリティーエコカー「クラリティ PHEV」「インサイト」【クルマ図鑑】

2019.03.08

【ホンダのハイクオリティーエコカー】ライフスタイルを豊かなものにするクルマはパートナーともいうべき存在。欲しい機能は乗り心地やデザインだけでなく、環境性能や安全性能の高いものなど、目的によりさまざま。今回はそんな希望を叶えてくれる、ホンダの「クラリティ PHEV」「インサイト」をピックアップ!

ホンダ『クラリティ PHEV』 3,261,600円〜

燃料電池車(FCV)の「クラリティ フューエルセル」。そして、北米市場専用モデルである電気自動車(EV)の「クラリティ エレクトリック」。そのシリーズ第3のモデルがプラグインハイブリッドの「クラリティ PHEV」。2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」をベースに、バッテリーの高容量化やコンバーターの高出力化など、電動コンポーネントの性能向上により、EV走行距離114.6kmを実現させた、上級セダンとしての魅力を兼ね備えたモデル。

足を通じてEV走行の上限が直感的にわかるペダルクリック機構に加え、パワー/チャージメーターにEV走行可能出力表示機能を設定。EV走行をより長く持続させられるように、どの程度の加速でエンジンが始動するのかが直感的に認識できる。

関連情報
https://www.honda.co.jp/CLARITYPHEV/

ホンダ『インサイト』 3,261,600円〜

徹底した空力を考慮した結果、2人乗りのハッチバック形状、さらにはリアホイールスカートを採用するなど、奇抜なデザインが印象的な初代インサイト。3代目として登場したモデルは、シビックとプラットフォームを共有するミドルセダンと生まれ変わった。パワートレーンには、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を、コンパクトな1.5L DOHC i-VTECエンジンと組み合わせて搭載し、JC08モード34.2km/Lという燃費性能を実現。

発電用と駆動用の2つのモーターを駆使して、パワーと高い熱効率を追求しながら、静かで滑らかな加速感を提供。走行状況に応じて「EV」「ハイブリッド」「エンジン」の3つのドライブモードを使い分ける。

関連情報
https://www.honda.co.jp/INSIGHT/

※記事中のデータ等は2018年12月現在のものです。

文/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)
クルマは走らせてナンボ!をモットーに、どんな仕事にも愛車で駆けまわる日々。クルマのほかにもグルメやファッション情報、また小学館Men’s Beautyでは、男性に向けた美容・健康法、化粧品情報なども発信。

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。