人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

セレナ VS エルグランド、日産のミニバン買うならどっち?【クルマ図鑑】

2019.03.11

【セレナ VS エルグランド】ライフスタイルを豊かなものにするクルマはパートナーともいうべき存在。欲しい機能は乗り心地やデザインだけでなく、環境性能や安全性能の高いものなど、目的によりさまざま。今回はそんな希望を叶えてくれる、日産の「セレナ」「エルグランド」をピックアップ!

日産『セレナ』 2,440,800円〜

「モノより思い出。」というCMのキャッチコピーが懐かしい日産のセレナは、1991年の初代デビュー以来、時代が求めるファミリーの楽しみを追求し、進化を続けているミニバン。“BIG”、“EASY”、“FUN”をコンセプトに、室内の広さや使い勝手、快適性など、運転席から3列目に乗る人まで、全ての人が楽しく快適に移動ができるように開発。なお、2018年3月には、日産のお家芸ともいえる「e-POWER」を搭載したモデルを追加して26.2km/L(JC08モード)の低燃費を達成。

室内の長さが3,240mm、幅が1,545mmとミニバンクラスでNo.1の広さで、1列目から3列目まで、どの席に座ってもゆったり。さらに、多彩なシートアレンジで大人数でも大荷物でもいろんなシチュエーションに対応可能。

関連情報
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

日産『エルグランド』 3,318,840円〜

ワンボックス型の高級ミニバンとして、トヨタのアルファードやヴェルファイアがライバルとなる日産のエルグランド。その3代目からは、駆動方式をそれまでのFRからFFと4WDにすることで低床化が可能になり、車内空間の広さが向上。さらに、ロー&ワイド・プロポーションと低重心プラットフォームによる優れた操縦安定性にも寄与。エンジンは、直4の2.5LエンジンとV6の3.5Lエンジンの2タイプで、いずれにもエクストロニックCVTが組み合わされる。

「車線逸脱警報」や「車線逸脱防止支援システム」、「進入禁止標識検知」のほか「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」、ヘッドライトを自動的に上向きと下向きに切り替える「ハイビームアシスト」を標準装備。

関連情報
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/elgrand.html

※記事中のデータ等は2018年12月現在のものです。

文/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)
クルマは走らせてナンボ!をモットーに、どんな仕事にも愛車で駆けまわる日々。クルマのほかにもグルメやファッション情報、また小学館Men’s Beautyでは、男性に向けた美容・健康法、化粧品情報なども発信。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。