人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.26

2020年から新築住宅の建設時に「省エネ基準」への適合が義務化

寒さ厳しい2月は自宅の電力消費が多くなりがち。そこで1977年から、毎年2月1日~2月28日は「省エネルギー月間」と定められているが、実際のところ、どれくらいの生活者が2月に限らず、普段の生活の中で省エネを意識し実践しているのだろうか?

そこで今回、不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を利用した20歳以上の男女207人を対象に「住まいの省エネ対策」についてのアンケート調査が実施された。

『住まいの省エネ対策』をしている自宅所有者43.0%!

自宅を所有しているリビンマッチの利用者を対象に「住まいの省エネ対策」をしているかという調査が行われたところ、『はい(戸建て)』(39.6%)、『はい(集合住宅)』(3.4%)、『いいえ(戸建て)』(44.4%)、『いいえ(集合住宅)』(12.6%)となり、省エネ対策をしている人は43.0%いることが明らかに。

また、集合住宅より戸建て居住者の方が「住まいの省エネ対策」をしている人の比率が多いこともわかった。

では、「住まいの省エネ対策」をしている人はどのような対策をしているのだろうか?

手軽さからか最も多かった回答は『LED照明』(76.4%)だった。2位以下は『二重窓』(40.4%)、『節水シャワーヘッド』(36.0%)、『太陽光発電』『断熱材』(共に31.5%)という結果に。

つぎに、「省エネ対策の効果」についても調査が行われた。『とても感じる』(13.5%)、『まあ感じる』(69.7%)、『あまり感じない』(15.7%)、『まったく感じない』(1.1%)となり、83.2%もの人が何かしら効果を感じていることも判明した。

さらに、「原稿の省エネ対策以外に興味のある対策はあるか」という質問が行われたところ、『特にない』(51.7%)が最多だったものの、『太陽光発電』(14.6%)、『二重窓』(13.5%)、『太陽光温水器』(12.4%)、『LED照明』『省エネ家電』(共に11.2%)となった。

省エネ対策をしないのは『初期費用がかかる』から50.0%!

一方で「住まいの省エネ対策」をしていない人は、なぜ省エネ対策をしないのだろうか?

その理由について調査が行われたところ、『初期費用がかかる』(50.0%)、『どのくらい効果があるのかわからない』(33.1%)、『手間がかかる』(25.4%)、『そもそも省エネに興味がない』(15.3%)、『その他』(7.6%)となり、コストが気になり、省エネ対策をしていない人が半分いることがわかった。

では、「興味のある省エネ対策はあるのか」と尋ねる調査が行われたところ、『特にない』(40.7%)が最多だったが、『LED照明』(33.9%)、『二重窓』(25.4%)、『断熱材』(15.3%)、『節水シャワーヘッド』(14.4%)、『窓の断熱シート』(13.6%)と続いた。

来年義務化の『省エネ基準』不適合住宅は『売りにくくなる』55.1%!

2020年から新築住宅を建設する際、「省エネ基準」への適合が義務化(但し、300㎡以下の建物は省エネ基準義務化の対象外)されることになったが、どのくらいの人がそのことを知っているのだろうか?

調査が実施されたところ、『知っている』(全体:25.1%、省エネ対策をしている:31.5%、省エネ対策をしていない:20.3%)、『知らない』(全体:74.9%、省エネ対策をしている:68.5%、省エネ対策をしていない:79.7%)となり、「省エネ対策をしている」グループの方が「していない」グループよりも約10%多く、知っている人がいると判明した。

最後に、「今後、省エネ基準に適合しない住宅は売りにくくなるか」について所感を問う調査が行われた。

『そう思う』(全体:55.1%、省エネ対策をしている:55.1%、省エネ対策をしていない:55.1%)、『変わらないと思う』(全体:29.5%、省エネ対策をしている:32.6%、省エネ対策をしていない:27.1%)、『そう思わない』(全体:15.5%、省エネ対策をしている:12.4%、省エネ対策をしていない:17.8%)となり、半分超の人が『売りにくくなる』と思っていることや、「省エネ対策をしていない」人の方が「している」人より強気でいることもわかった。

東京都も2019年度から省エネ住宅の建築費を補助する制度を始めるなど、一定の省エネ性能等を満たすことで、国や各自治体から補助金や減税などの優遇を受けることができる。省エネ基準を満たし、少しでも住まいの価値を高めてみてはいかがだろうか。

※リビンマッチ調べ

<調査概要>
■調査期間:2019年1月15日~29日
■調査手法:インターネット調査(任意でアンケートの回答)
■集計数:「リビンマッチ」を利用した20歳以上の男女全国207人

出典元:リビン・テクノロジーズ株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。