人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.24

人生で初めて買う急須は○○が良い理由

■茂木雅世のお茶でchill out!

以前、陶芸家の方とお話をした時に、こんな言葉を聞いたことがあります。

「本当に急須はつくるのが難しくて…」

フタはガタつきがないようにぴったりと持った感じに違和感のない使い勝手の良いものetc…

私のような急須をつくったことがない人間でさえも、良い急須をつくるということがどれだけ難しく、技術を必要とするか、容易に想像することが出来ました。

おいしいお茶を飲みたい時に「急須」は必要不可欠な道具。

しかし、いざ買いたいと思っても、そのあまりの種類の多さから「何を買えばいいの」と悩むことも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、今年創業70周年を迎える陶磁器の商社、株式会社アイトーの加藤貴則さんと太田晴香さんに

「はじめて急須を選ぶ際のコツや人気の高い急須について」

お話を伺いました。

裏を見る?叩いた音を聞く?

「陶磁器」の種類は大きく分けて「陶器」・「磁器」・「炻器(せっき)」の3種類に分けられるのだとか。

◆陶器

裏を見ると高台の輪っかのところに土の色が見え、たたくと柔らかめな音がすることも土物と言われる

◆磁器

マグカップなどでも良く見る種類のもの。見た目がツルっとしているのでわかりやすい。石物と言われる。裏を見ると石の白が見えて、たたくと高くて澄んだ音がすることが多い。

◆炻器(せっき)

陶器と磁器の中間のようなもの。急須の産地として有名な常滑焼もこれに当てはまることが多い

「磁器」は吸水性がほとんどないので、お茶の味わいをほとんど変えることがありません。一方で「陶器」や「炻器」は吸水性があります。

中でも「炻器」はちょうど良い感じでお茶の雑味を吸い取ってくれるとも言われており、お茶にこだわりを持つ人が選ぶことも多いのだとか。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。