人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

優雅で官能的!BMWのラグジュアリークーペ、新型「8シリーズ」からカブリオレが登場

2019.02.20

BMWの最上級ラグジュアリー・クーペである新型BMW 8シリーズのオープンモデル、「新型BMW 8 シリーズ カブリオレ」が発売された。

新型BMW 8 シリーズ カブリオレ

2018年末に発表された新型BMW 8 シリーズ クーペは、低く伸びやかなシルエットに、美しいルーフ・ライン、艶麗なリヤ・フェンダーの造形が醸し出す、優雅さと官能的な個性を際立たせるデザインの強烈な存在感を持つモデル。

ラグジュアリー・クーペとしての常識を覆す程の運動性能実現を主目標として開発され、BMW が誇る最新技術を集結し、優雅で快適なロング・ドライブから、サーキットにおけるダイナミックなスポーツ走行までも可能としている。

新型BMW 8 シリーズ カブリオレ

今回の新型BMW 8 シリーズ カブリオレは、新型BMW 8 シリーズ クーペの美しさや卓越した運動性能を持ちながら、オープンモデルならではの解放感や優雅さを備えている。

キドニー・グリルやデッキを取り囲むモールディングなどにクローム加飾をアクセントとして採用し、繊細なデザインが特徴的な専用の20インチ マルチ・スポーク・ホイールの優雅さとあいまって、カブリオレらしい洗練されたラグジュアリー感を演出。

新型BMW 8 シリーズ カブリオレ

ソフト・ループトップは、綿密にデザインされた美しいボディ造形に相応しく、なめらかな流線形を描くように丸みを帯びたデザインとなっており、ルーフを閉じた状態も上質で優雅な佇まいを演出している。

ルーフは、時速50km 以下の走行時も約15 秒で開閉可能で、開けた状態でもトランク容量は280L を確保しているなど、デザイン性だけでなく、実用性も兼ね備えた。

新型BMW 8 シリーズ カブリオレ

内装は、新型BMW 8 シリーズ クーペをベースに、カブリオレ専用装備として、12 個のスピーカーにより高音質とラグジュアリーな空間を創り出すBowers & Wilkins ダイヤモンド・サウンド・サラウンド・システムを採用し、オープンドライブに相応しい室内空間を創出している。

そのほか新型BMW 8 シリーズ カブリオレには、新型BMW 8 シリーズ クーペに採用されている新開発4.4 リッターV 型8 気筒エンジンを搭載。

新型BMW 8 シリーズ カブリオレ

最高出力530PS(390kW)/5,500-6,000rpm、最大トルク750Nm/1,800-4,600rpm を発揮し、0-100km/h 加速は3.9秒を実現しており、「8」の名に相応しいピュア・スポーツ・カーに匹敵するハイ・パフォーマンスを実現した。

また、新型BMW 8 シリーズ クーペと同様に、従来のアクティブ・サスペンション・システムに新たに電子制御のアクティブ・スタビライザーを装着したアダプティブM サスペンション・プロフェッショナルに加え、M アクティブ・ディファレンシャルを装着し、コーナリング時の安定性と俊敏性を向上。

新型BMW 8 シリーズ カブリオレ

さらに、ボディは内部構造部材にカーボン素材、ボディ・パネルにアルミ材等を効果的に使用することで、オープン・ボディながらも車両重量を2120kg に抑える軽量化を実現し、外観の優雅さからは想像し難い程の走行性能を発揮する。

外装デザインのサイドボディには、リヤホイールへの力感を表現する精密なキャラクターラインが刻まれたほか、低めに配置されたキドニーグリルは、一つのフレームで縁取ることで、洗練された印象に仕上がった。

新型BMW 8 シリーズ カブリオレ

BMW レーザーヘッドライトは非常にフラットな形状ながらも細部の曲線に至るまで、全体のシルエットと見事に調和し、強烈な存在感と高級感を主張している。

また、フロント・ホイール背後のボディ・サイド面に陰影をつけ、空気を切り裂いて駆けぬけるイメージを与える一方で、リヤ・ホイールの周辺は駆動力を象徴する力感のあるデザインとすることで、車全体のシルエットにダイナミックな動きを与え、たくましい重厚感を演出した。

新型BMW 8 シリーズ カブリオレ

リヤデザインは、水平なラインと車両下部の中央に向かって収束する斜めのライン、サイドに大きく張り出したLED テール・ライトの相互作用により、広い車幅と低重心に設計されたシルエットを形成すると共に、ゆったりとした存在感を演出。

室内空間は、外装デザインと調和させ洗練された高級感をまといながら、前後方向への意識を強調するように設計されており、乗員の視線が自然と前方へ向かい、高い走行性能への期待感を煽るようなデザインとなっている。

新型BMW 8 シリーズ カブリオレには、新型BMW 8 シリーズ クーペと同様に、最先端の運転支援システムを標準装備。

アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)およびレーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイド・コリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロス・トラフィック・ウォーニングが装備されている。

また、新しいBMW の操作システム「BMW Operating System 7.0」を導入。これは、ドライバーに必要な情報を適切なタイミングで伝えることをコンセプトにした表示 / 操作コンセプトで、10.25 インチのコントロール・ディスプレイと、12.3 インチのフル・デジタル・メーター・パネルを、それぞれ自分用にカスタマイズすることを可能としている。

また、12.3 インチのディスプレイを備えたフル・デジタル・メーター・パネルは、速度 / 回転数を表示する左右のメーターの間、すなわちディスプレイの中央に、ナビゲーション・マップの一部などを表示可能となった。

改良されたヘッドアップ・ディスプレイと共に、より視認性が向上し、ドライバーは運転に集中しながらも必要な情報を受け取ることが可能となっている。

主な車両諸元

■ BMW M850i xDrive Cabriolet

全長4,855mm、全幅1,900mm、全高1,345mm、ホイール・ベース2,820mm、車両重量2,120kg、車両総重量2,340kg、排気量4,394cc、V 型8 気筒ガソリン・エンジン、最高出力530PS(390kW)/5,500rpm、最大トルク750Nm/1,800-4,600rpm、燃料消費率8.2km/L(WLTC)。

新型BMW 8 シリーズ カブリオレ

関連情報:https://www.bmw.co.jp/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。