人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

価格差は倍!BMW「1シリーズ」と「5シリーズ」満足度が高いのはどっち?

2019.03.07
この春、新型「3シリーズ」を発売したBMWだが、コンパクトなハッチバックの「1シリーズ」やプレミアムセダンの「5シリーズ」も根強い人気を誇る。タイプも価格も全く異なる2台だが、ユーザーの満足度が高いのはどっちか?あらためて、それぞれのクルマをチェックしてみよう。

BMW『1シリーズ』 3,170,000円〜

「駆けぬける歓び」をコンセプトに、コンパクトなサイズであっても後輪駆動レイアウトや約50:50の理想的な前後重量配分にこだわり、スポーティで俊敏なハンドリング性能を実現。エンジンには、ガソリンとディーゼルとも3気筒、4気筒、6気筒のすべてに低回転域からでも高い性能を発揮するBMWツインパワー・ターボ・テクノロジーを搭載。なお、日本仕様は、全て右ハンドルでミッションは8速ATのみ、さらに全車にランフラットタイヤを標準装備。

M140iにのみ標準装備される8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションは、4つのモード選択が可能で、スムーズな変速と最適なギヤ比によって、低速から高速走行時までパワーを的確に路面へと伝える。

関連情報
https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/1-series/5-door/2017/at-a-glance.html

BMW『5シリーズ』 6,460,000円〜

エグゼクティブ・セダンの代名詞となっているBMW 5シリーズは、全世界で約800万台が販売され、世界の同クラスのベンチマークとされるモデル。7世代目となる現行型は、アルミニウムや超高張力鋼板の使用範囲を広げることで、先代モデルに比べて約100kgの軽量化に成功。さらに、ボディの低重心化と前後50:50の重量配分により、運動性能や安定性、燃費性能も向上。また、部分自動運転を可能とした運転支援システムの採用など、先進性も実感できるモデル。

オプションの「ブリモート・コントロール・パーキング」では、狭いスペースの駐車場などで、車外からディスプレイ・キーの操作でクルマを前後進させることができ、エンジンの停止・始動も可能。

関連情報
https://bmw-japan.jp/5-series/sedan/

※記事中のデータ等は2018年12月現在のものです。

文/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)
クルマは走らせてナンボ!をモットーに、どんな仕事にも愛車で駆けまわる日々。クルマのほかにもグルメやファッション情報、また小学館Men’s Beautyでは、男性に向けた美容・健康法、化粧品情報なども発信。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。