人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

小さくても力強い走りを楽しめるスズキ「スイフト」と「アルト」の魅力【クルマ図鑑】

2019.03.12

【スズキ スイフト・アルト】ライフスタイルを豊かなものにするクルマはパートナーともいうべき存在。欲しい機能は乗り心地やデザインだけでなく、環境性能や安全性能の高いものなど、目的によりさまざま。今回はそんな希望を叶えてくれる、スズキの『スイフト』『アルト』をピックアップ!

スズキ『スイフト』 1,343,520円〜

2000年に初代型が登場して以来、しっかりしたハンドリングと高い走行性能で世界各国からも高い評価を得てきたスイフト。その4代目では、ガソリンモデルに加えてマイルドハイブリッドやハイブリッドモデルも設定され、3種類のパワートレインをラインナップ。さらに、軽量化と高剛性を両立させる新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用するなど、3代目と比べて120kgの軽量化を実現。駆動方式は、FFと4WD、トランスミッションはCVT、ATのほかMTも充実。

欧州のハイウェイやワインディングを徹底的に走り込み、鍛え上げた新設計のサスペンションは、路面の追従性や走行安定性、コーナリング性能を高めるとともに、しなやかで軽快な乗り心地を実現。

関連情報
http://www.suzuki.co.jp/car/swift/

スズキ『アルト』 847,800円〜

かつてスズキが生産していたフロンテの商用車版として、荷室を広げた軽ボンネットバンブームの火付け役となった初代アルト。8代目モデルとなる現行型では、徹底した軽量化で車両重量610kgを実現し、走行燃費でもJC08モード37.0km/Lを達成。搭載されるエンジンは、軽量・小型・高効率化された直列3気筒で、トランスミッションは、CVTと5速MT、さらに5速AGS(ロボタイズドMT)を用意。また、歩行者の検知を可能とした衝突被害軽減ブレーキなど、予防安全技術の機能も充実。

ターボエンジンを搭載し、走りを追求した「アルト ワークス」を設定。専用開発した5速MTやチューニングした5速AGS、セッティングを施したサスペンションなど、さらに走りに磨きをかけた軽ホットハッチ。

関連情報
http://www.suzuki.co.jp/car/alto/

※記事中のデータ等は2018年12月現在のものです。

文/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)
クルマは走らせてナンボ!をモットーに、どんな仕事にも愛車で駆けまわる日々。クルマのほかにもグルメやファッション情報、また小学館Men’s Beautyでは、男性に向けた美容・健康法、化粧品情報なども発信。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。