人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

待ち時間ゼロ!会社を休まなくてもOK!オンライン診療の充実がビジネスパーソンにもたらすメリット

2019.03.01

オンライン診療でビジネスパーソンの生活はどう変わる?

(画像はイメージ)

オンライン診療活用は、ビジネスパーソンの健康管理や受診、生活などにどう影響するのだろうか。清藤さんは次の4つを挙げる。

1.長期的な治療に取り組みやすくなる

「長期的な治療が必要な慢性疾患においては、通院が必要でないときも、アプリのテレビ電話機能を使って自宅もしくは会社などで遠隔の診療が受けられます」

2.時間の有効活用ができる

「アプリからの診察日の予約、クレジットカードによる決済、来院した際の待ち時間がなくなるなど、忙しいなかで時間を有効活用することができます」

3.薬のみの受け取りに便利

「来院する余裕はないが、薬が必要という場合に、薬・処方箋を配送によって受け取ることができます」

4.担当医が変わってもスムーズ

「転勤や引っ越しで通院する医療機関を変えると、新しい担当医に今までの経緯を伝えなければなりませんが、メディテルではヘルスデータ管理機能によって健康データを蓄積することができるため、スムーズに診療を受けることができます」

医師とのテレビ電話診療はリラックスを生む?

(画像はイメージ)

ところで、医師とのテレビ電話による診療は、従来の対面での診察・診療を受けるのと比べて、戸惑うこともありそうだ。

しかし清藤さんは、患者にとっても医師にとっても、テレビ電話診療ならではの利点があるという。

「患者さんは、自宅や会社などの身近な場所で、普段どおりの環境で診療に臨むことができます。よりリラックスした状態で診療を受ければ、医師のきめ細かい治療につながるかと思います。

また医師にとっては、むしろ対面での緊張感のある診察に比べて、生活環境に身を置いた患者さんを診ることで、より患者さんの状態や生活習慣を把握することができる場合もあります」

オンライン診療はまだまだ浸透していないという現状もあるといわれるが、これまで面倒だった通院が、効率的な受診へと変わる可能性はある。うまく活用すれば、自身の健康と向き合う機会を増やす結果にもなりそうだ。

【取材協力】
NTTドコモ イノベーション統括部
清藤亮さん

Meditel 患者向けサイト
https://meditel.life/patient/

【参照】
厚生労働省「オンライン診療の適切な実施に関する指針(案)平成30年3月」
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000197016.pdf

取材・文/石原亜香利

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。