人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【意外と知らないバイクのこと】スーパースポーツは足着きが悪い?

2019.02.27

A:悪いです

スーパースポーツとはバイクのカテゴリー名称。その名の通り超運動性を重視しているハイパフォーマンスモデル揃いです。そしてスーパースポーツとは、減量するために水道の蛇口を針金で縛った力石徹のようにストイックなアスリートだと思ってください。……あ、縛ったのは力石本人じゃなくて白木葉子か。とにかくスーパースポーツに乗るなら、アスリート級にたくさんのことをガマンしなければなりません。足着き性も、犠牲にすべきことのひとつです。

さて、主なスーパースポーツモデルのシート高を列挙すると、

ホンダCBR1000RR……820mm
ヤマハYZF-R1……855mm
スズキGSX-R1000……825mm
カワサキZX-10R……835mm
ドゥカティ・パニガーレV4……830mm
BMW・S1000RR……815m

となっており、いずれも高い数値が並びます。これらがどれぐらいの高さかといえば、ニッポン二輪界きっての優等生とされるホンダCB400SFのシート高755mm(コレはコレで相当に低いのですが……)と比べると6〜10cmも高くなっています。

ところで、CB400SF基準で6〜10cmの差とは、ずいぶん開きがありますよね。実際のところ、スーパースポーツだからと言って足着きが悪いとは言い切れないのです。筆者は身長171cm、体重65kgと日本人男性としてごく平均的な体格ですが(足はやや長め)、上記の例ではS1000RR、CBR1000RR、GSX-R1000あたりまでは「ダイジョウブです!」と言えます。全体的にスリム&コンパクトに作られている恩恵もあり、足着き性はスペックでの印象よりはイイんです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。