人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

超絶美しい!ランボルギーニ・ポロ ストリコがレストアした「ミウラSV」の気になるお値段

2019.02.16

先日、パリで開催されたクラシックカーの祭典レトロモビルに、ランボルギーニ・ポロ ストリコが特別な赤のミウラ SV を出展した。

このミウラ SV のオーナーは、自動車業界の重鎮で FIA(国際自動車連盟)の現会長を務めるジャン・トッド氏。

レストアされたミウラをオーナーに引き渡すセレモニーが、ランボルギーニ・ポロストリコの出展ブー スで執り行われ、アウトモビリ・ランボルギーニの会長兼 CEO ステファノ・ドメニカリ氏からオーナーの ジャン・トッド氏に直接キーが戻された。

このミウラは 1972 年 11 月 11 日に完成し事故で廃車となった、1968 年製ミウラ S のシャシーナンバ ー3673 を引き継きいだという。

当時は、一部の国で課せられる、新車を対象とした極端に高い輸入税 から買い手を保護する経済的理由や、同ナンバーで以前の車両登録や関連書類を引継ぐ実用的 な理由から、スーパーカーメーカーがシャシーナンバーを再使用することは特に珍しいことではなかった。

シャシーナンバー3673 のミウラ SV は、Rosso Corsa(赤)の車体下部のみ金色、黒レザーの内装 で、最初のオーナーであった南アフリカの Mr Mecin の下に 1972 年に届けられた。

それから 47 年ポロストリコのレストアを経て、まったく同じ姿、完璧なコンディションになって戻ってきたのだ。

13 ヶ月を費やしたレストアでは車を完全に解体し、フレーム、ボディ、内装に付けられた印から、各 種部品に記された番号や日付まで細部にわたり確認。また、ランボルギーニが保存する製造資料 との突き合わせまで徹底された。はたして費用はいくらかかったのか? そしてこのミウラSVの市場想定価格はいくらなのか、気になるところだ。

関連情報:https://www.lamborghini.com/jp-en

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。