人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

性能と画質で選ぶならどれ?編集部おすすめのコンパクトデジカメと自撮り棒13選

2019.02.28

写真を撮るならスマートフォンや一眼レフと最近は思ってしまいますよね。コンパクトデジタルカメラでも高画質で高性能な商品がたくさんあります。お子様でも使えるデジカメや、自撮りにおすすめなデジカメ、高性能なデジカメなどをまとめました。

【目次】

高性能・高画質なコンパクトデジカメ おすすめ

初心者やお子様におすすめ!安くて使いやすいコンパクトデジカメ 

自撮りはスマホだけではない!自撮りにおすすめなデジカメ

デジカメでも装着可能な便利な自撮り棒

高性能・高画質なコンパクトデジカメ おすすめ

スマートフォンのカメラも高画質・高性能になっていますが、より良い写真を残したいという方にはコンパクトデジタルカメラがおすすめです。一眼レフではなく、一体型レンズになっているので、難しい機能はなく良い写真が残せるおすすめのコンパクトデジタルカメラをまとまめました。

SONY Cyber-shot DSC-HX99

SONY Cyber-shot DSC-HX99

世界最小のコンパクトボディに、有機ELファインダーと24-720mmズーム搭載を実現したデジカメです。

高倍率ズーム時に起こりやすい手ブレも高精度に補正し、動く被写体にピントを合わせ続ける機能も搭載されているので、お子様の運動会や素早い動きに向いています。

カメラとしての高い操作性と、ポケットに入れて持ち歩けるコンパクトボディで、撮りたいシーンを常に逃さないですね。

出典 公式サイト|SONY Cyber-shot DSC-HX99

OLYMPUS Tough TG-5

OLYMPUS Tough TG-5

OLYMPUSのTaughシリーズは、山や海、岩場、雪の中、どんな状況でも撮影できることを目指したカメラです。

水深15mまでの高い防水性能を持ち、水中撮影に最適なシーンモードダイヤルも備えているので、水中でも手軽に高画質撮影が可能です。TG-5専用の防水プロテクターを使用すれば、水深45mまでが可能です。

専用のアプリで、写真をスマートフォンに転送することが出来、また緯度や水温、気温、標高などのトラッキングデータを記録することも出来ます。ダイビングや、登山などアクテビティがお好きな方におすすめです。

出典 公式サイト|OLYMPUS Tough TG-5

Canon PowerShot G7 X MarkII

Canon PowerShot G7 X MarkII

描写力、高画質、画像処理性能に優れているカメラです。追尾性能も進化し、選択した人物が一度フレームアウトしまたフレームインをした場合でも、しっかり特徴を認識し、被写体を追い続けます。

ペットや子供の動いている事が多い場合でも安心して撮り続けられます。サイズ,重量もコンパクトなので持ち運びに困りません。Wi-Fiの使用も可能です。液晶画面が180℃回転するので、自撮りにも最適です。

出典 公式サイト|Canon PowerShot G7 X MarkII

NICON COOLPIX P1000

NICON COOLPIX P1000

24mm~3000mm相当、光学125倍の超望遠ズームが可能。月モードでは、月の色合いをダイヤルで調整出来、鳥モードでは約7コマ/秒の高画連写が可能です。

最短でレンズ前1cmの被写体もAFでピント合わせが可能です。2018年9月に発売されたばかりのこの多彩な機能のコンパクトデジカメは、本格的な撮影を楽しみたい方におすすめです。

出典 公式サイト|NICON COOLPIX P1000

初心者やお子様におすすめ!安くて使いやすいコンパクトデジカメ 

高性能なデジタルカメラは価格も高くて難しいという方におすすめな、簡単な操作で使え、お子様やお年寄りと共有で使えるコンパクトデジタルカメラをまとめました。

Nikon COOLPIX W100

Nikon  COOLPIX W100

「親子で楽しめるカメラ」を掲げているので、サイズ、性能、価格の面で、お子様と共有出来るカメラです。

水深10m、耐衝撃性能1.8m、スマトフォンへの自動転送機能が付いていて、さらに写真をかわいいスタンプなどで加工が出来る機能も付いています。

デザインも3種類から選べ、価格も1万5千円前後なのでお子様へのプレゼントとしてもおすすめです。

出典 公式サイト|Nikon COOLPIX W100

CASIO  EX-Z920

CASIO  EX-Z920

撮る・見る・消すが簡単に出来るダイレクトボタンが付いていて、1610万画素で、手ブレや被写体のブレを防ぎます。価格も1万円前後で、使い方も簡単で優しいカメラです。お年寄りやお子様にもおすすめです。

出典 公式サイト|CASIO  EX-Z920

Kenko Tokina DSC1480DW

Kenko Tokina DSC1480DW

水深3mまで、耐衝撃性能1.5mまで対応のデジタルカメラです。魚やプールや海で遊ぶ子供のシーンなど水中撮影が楽しめ、水洗いできるのでいつでもきれいな状態が保てます。

前面に液晶モニターが付いているので、簡単に自撮りも可能です。アウトドアに最適なデジタルカメラ。価格も1万円前後とリーズナブルです。

出典 公式サイト|Kenko Tokina DSC1480DW

自撮りはスマホだけではない!自撮りにおすすめなデジカメ

SNSなどで自撮りを投稿する機会が増えています。スマートフォンでも自撮りは出来ますが、デジカメで撮ることで、デジカメにしか撮影出来ない撮影モードや高画質の写真が可能です。回転式の液晶や、コンパクトで軽量な自撮りにおすすめなデジカメをまとめました。

Panasonic LUMIX LX9

Panasonic LUMIX LX9

コンパクトなボディにLEICA(ライカ)DCのレンズが搭載され、一眼レフ並みの高画質の写真撮影が可能です。

モニターが180℃動くので、自撮りをする時に確認しながら撮影出来ます。タッチパネルモニターで、スマートフォンの様に画面を操作することが出来、明るく高精細なので、撮影画像の画面を隅々まで確認することが出来ます。

Wi-Fi機能が搭載されているので、自分や友達のスマートフォンへ簡単に転送出来ます。

出典 公式サイト|Panasonic LUMIX LX9

Canon PowerShot SX740 HS

Canon PowerShot SX740 HS

Canon PowerShotシリーズなので、高性能・高画質・Wi-Fi機能はもちろん、こちらのシリーズは液晶画面の角度を調整し、多彩なアングルからの撮影が楽しめます。

上側180°の可動に対応しているので、表情や構図を自分で確認しながら自撮りが可能です。

さらにおすすめなのが、「自分撮りモード」が搭載されていることです。背景のぼかしや美肌効果、明るさを調整出来るので、簡単に自撮りが楽しめキレイな写真が仕上がります。

出典 公式サイト|Canon PowerShot SX740 HS

Casio EXILIM EX-FR100

Casio EXILIM EX-FR100

カメラとコントローラーが分離する特徴的なフリースタイルなデザインのデジカメです。コントローラーで画像が確認できるので、自撮りに最適です。アウトドア撮影の幅を広げる機能が搭載されているので、朝・昼・夜のどんなシーンでもキレイに写し出すことが出来ます。アウトドアなど大勢で楽しんでいる写真を撮ってみてもいいですね。

出典 公式サイト|Casio EXILIM EX-FR100

デジカメでも装着可能な便利な自撮り棒

スマートフォンでは当たり前になっている「自撮り棒」ですが、デジカメに装着可能な「自撮り棒」もあります。せっかくデジカメに手振れ補正機能が付いていても、自分の手を伸ばして撮影するとカメラが動いてしまってブレてしまったりしますよね。大人数や旅行の時に役に立つ、ワイヤレスリモコンや三脚付きの自撮り棒を紹介します。

BlitzWolf 自撮り棒 JP-BW-BS3

BlitzWolf 自撮り棒 JP-BW-BS3

ワイヤレスリモコン(10m)、203°回転ヘッド、360°回転可能なホルダーで大勢の撮影や自撮りの時など手軽に写真を撮影することが可能です。

148gで19.9cm(67.9cmで伸ばせます)のコンパクトサイズなので持ち運びにも便利です。

ワイヤレスリモコンは自撮り棒に装着されているので、忘れたり、無くす心配がありません。ほとんどのデジカメ、スマートフォン、Goproに対応可能です。

出典 公式サイト|BlitzWolf 自撮り棒 JP-BW-BS3

Apsung 自撮り棒

Apsung 自撮り棒

強度と靭性を兼ね備えたアルミ合金で、優れた安定性、デジカメ・スマホ・一眼レフなどに対応し、フレキシブルな角度撮影が可能です。

ワイヤレスリモコンはBluetooth機能が搭載されているカメラやスマートフォンに適応されます。折りたたみ式、三脚付きの自撮り棒です。

LENDOO 自撮り棒

強度と靭性を兼ね備えたアルミ合金で、優れた安定性、デジカメ・スマホ・一眼レフなどに対応し、フレキシブルな角度撮影が可能です。

ワイヤレスリモコンはBluetooth機能が搭載されているカメラやスマートフォンに適応されます。折りたたみ式、三脚付きの自撮り棒です。

調整可能な三脚が手ブレを抑え、角度調整も可能なので様々なシーンで活躍出来ます。リモコンも充電は不要で、スマートフォン、デジカメ様々なタイプに対応可能です。

コンパクトサイズなので、ポケットや鞄の中で邪魔になりません。


※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

 

文/相澤 由香

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。