人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

入浴後、何分以内に保湿剤を塗ると乾燥肌に効果的なのか?

2019.02.15

保湿剤の種類と使い方?

保湿剤は、非常に様々な商品があります。保湿剤の種類と特徴をご紹介します。

保湿剤の有効な使い方

(1)手を清潔にして、水分の多いローション状の保湿剤から使い、水分に蓋をしていくように油分の多い保湿剤を重ねます。「使い心地」の観点からは、(サラッと状態⇒トロっと状態⇒クリーム状態)に重ねて使っていきます。

(2)指先だけではなく、手のひらを使って優しく丁寧に、出来るだけ広い範囲に塗ります。お顔など特に気になる部分には、指先で優しく塗り重ねましょう。顔や体のしわに沿って塗ると、肌に広がりやすくなります。

最近の乾燥が激しい冬の季節は、ローションや乳液、クリームをたっぷり使い、さらに保湿力の高くて重い軟膏状の保湿剤まで使い、角質層へしっかり浸透させてプルプルな肌にしましょう。

保湿剤は季節によって使い分けることが大切ですよ。

<Point!! ”入浴後5分以内に塗る!”>

保湿剤は、肌が湿っている入浴後5分以内に塗るのが効果的です。

入浴後は、入浴前よりも乾燥する「過乾燥肌」になります。

「過乾燥肌」は、浴室から脱衣所に移動し入浴中に上がった体温が一気に下がること、温度や湿度も一気に下がることで引き起こります。

そのため、タオルドライをしたあとは、出来るだけ早く保湿剤を塗りましょう。

この「出来るだけ」の目安が、5分以内です。

保湿剤は、入浴後5分以内に使い、効果的な保湿をしましょう。

その乾燥肌は洗い過ぎが原因かもしれない?

肌の状態は、季節によって変化します。特にお顔は、デリケートですので肌状態によって、洗顔法も変えてあげることが大切です。

洗顔は「顔を洗う」という単純で、肌ケアの基本中の基本なのですが、乾燥がひどい状態の時に洗いすぎると、「必要としている水分や油分」まで洗い流してしまいます。

夜、たっぷり肌に保湿をして、土壌に栄養を与えても、朝ゴシゴシと洗い流してしまっては肌の保湿力と栄養が低下してしまいます。

摩擦や刺激を避け、その日の肌状態と相談し「汚れだけ洗い流す」と考え洗顔しましょう。

男性は「強くゴシゴシ洗顔する」人がいますが、女性に接するのと同じように「優しく洗顔する」ことで十分に汚れは落ちます。何事も力任せは良くないと覚えておきたいですね。

取材・文/倉田大輔(池袋さくらクリニック 院長

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。