人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.17

iPhoneの10分の1!スマホは1万5000円ぐらいで十分?楽天モバイルのコスパスマホ「AX7」を検証

■連載/一条真人の検証日記

今のスマホは「Xperia」だの「AQUOS」だのと、単語が商品の名前になっているものが多い。そんな中、ローマ字と数字の組み合わせが名前になっているスマホが登場してきた。それが「AX7」だ。なんだか昔あった、マツダの「RX-7」みたいにかっこいいので、名前だけで欲しくなる。

ディスププレイサイズは約6.2インチ(1520×720ドット HD+)と大きい。画面サイズの大型化が進む今のスマホを見渡しても大型なディスプレイだが、スペック以上に大きく感じる印象を受ける。その理由はディスプレイの周りが狭いモデルが増えている中、AX7はやや広いためだろう。そして、ディスプレイが周囲に回り込むようにデザインされることもなく、フラットなことも、大柄に感じさせる要因だろう。画面は明るく、そして、発色もいい印象だ。

ボディの角は丸まっていて、持った時の感触は手にやさしい。背面はサイドからエッジ部分にかけて曲面を描いている。上部には指紋センサーを搭載し、また、左上にデュアルカメラを搭載している。

ディスプレイが切り抜かれてフロントレンズを設置する、水滴型ノッチスクリーンを採用したことで、画面占有率は88.4%と表示面積を大きくしている。

水滴型ノッチスクリーンで表示面積が広いフロントカメラまわり。

SIMスロットとボリュームボタンをボディサイドにスッキリと配置

バッテリー

4230mAhの大容量を採用、さらにAIによるマネージメント機能も搭載し、バッテリの持ちはかなりよく、一日中、バッテリーを気にしないで持ち歩けそうだ。

カメラ

デュアルアウトカメラは1300万画素+200万画素、フロントカメラは1600万画素とフロント側に力を入れている感じ。フロントカメラにAIビューティーテクノロジーを搭載し、自然で美しい写真を自動調整により撮影できる。

一方、メインカメラはAIビューティーテクノロジーと同時に、ボケ味を生かしたポートレート写真の撮影も可能。

メインカメラはデュアルレンズ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。