人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.18

ブームが加速!SNS映えで人気沸騰中の「燃えるパエリア」

2019年はパエリアブームが加速する?

「バルセロナで一番美味しいパエリアを提供」するシーフードレストランが日本に初上陸するなど、最近はパエリアが熱い。飲食業関連の大手ニュースサイト「フードスタジアム」によれば、パエリアブームは「2019年は一気に火が付く」そうで、食のトレンドとして注視したいところだ。

パエリア人気の背景の一つにあるのが、「SNS映え」。サフラン色のライスに海の幸が盛られ、見た目が鮮やかなパエリアは、とてもSNS映えさせやすい題材。「映え(ぱえ)リア」なる新語も生まれるくらいで、インスタグラマーでなくてもSNSにアップしたくなる気持ちはわかる。

今回取り上げるレストランは、昨年11月に御茶ノ水でオープンした「スパニッシュダイナー Del Juego(デルフエゴ)」。出店の続くスペイン料理店の中でも、SNS好きの心をくすぐるメニューがあるとのことで、注目株の一つになっている。どんなメニューがあるのか、同店を訪れ、確かめてみた。

洗練されたインテリアが印象的な「デルフエゴ」店内

できたてのパエリアが炎に包まれる「燃えるパエリア」

「デルフエゴ」の目玉となる派手に燃え上がるというもの(下写真)。

激しい炎は十数秒で消えるが、SNS的にはかなり絵になる光景だ。初めて見る人は誰もが、「おっ!」と讃嘆の声をあげる。

これは、「フランベ」と言って、アルコールに点火することで料理に風味をつける意味がある。決してSNSウケだけをねらったパフォーマンスではなく、この手法によってパエリアがより味わい深いものとなる。

店のスタッフは、「隣のテーブルでパエリアが燃えるのを見て、ご自身も注文されるパターンが多いです」と語る。燃えているさまをスマホで写真に収めて、SNSにアップするのもお約束。料理自体が口コミの発信源になる好例だろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。