人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.15

5G、IoTの普及拡大に向けてデータセンターの投資が活発化

IT業界の人間にはよく知られている『データセンター』。大量のサーバーを収容し、インターネットの接続サービスや保守・運用サービス、大規模なクラウドサービスなどを提供する施設のことだが、現在、5G(次世代の無線通信規格)やIoT(モノのインターネット)の普及拡大に向けたデータ送受信量の飛躍的増加が見込まれ、『データセンター』向け投資が活発になってきているという。

『データセンター』事業は半導体需要拡大の牽引役

スマートフォンやパソコン関連が成熟化するなか、『データセンター』事業は高成長が続き、半導体需要拡大の牽引役となってきた。ただし、足元では、米中貿易摩擦の影響もあり、一部企業から投資に慎重な見方が出ている。

今後は5G及びIoTの普及につれて、自動運転やコネクティッド化が進む自動車や遠隔医療など、様々な分野で大量のデバイスがインターネットに接続するため、データ通信量がさらに増加する見込み。そのため『データセンター』投資は欠かせず、今後も拡大が続くと予想されている。

例えば、国内企業を見ても、将来を見据えた『データセンター』向け投資が続いている。1月14日に、伊藤忠商事は、中国中信集団有限公司(「CITIC」)グループと、中国国内での『データセンター』へのインフラ投資を目的とした投資ファンドを新たに設立するための検討意向書を締結した。

中国での旺盛な同需要に対応するため、3,000億円規模(当初規模1,000~1,500億円)でのファンド組成を目指している。

不動産大手のヒューリックは1月17日、大阪に『データセンター』と事務所の大型複合ビルを取得したと発表した。同社は『データセンター』市場の成長性・将来性に着目しており、今後も『データセンター』への投資を検討していく方針だ。

拡大する『データセンター』投資への各社の取り組みに注目

5GやIoTはこれからが本番で、需要の増大と共に『データセンター』は国内外ともに拡大する見通し。ただし、その運営はオフィスビルや一般の商業施設と異なるノウハウが必要だ。

このため、今後は所有と運営の分離も進むとみられ、投資物件としても期待される。ノウハウ獲得や海外進出のため『データセンター』を手掛ける企業間の提携なども更に進むとみられ、今後の各社の取り組みが注目される。

出典元:三井住友アセットマネジメント株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。